全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座広島 牛島行政書士合格講座 スクールブログ 上達のコツは「...

上達のコツは「思い込み」 (4月30日)

習い事や勉強には、上達する過程でスランプなるものを経験することは、よくある話ですね。
なぜそうなるのか、専門的なことはさておき、経験則では、一定の調子で物事の上達は順調には得られないという、不思議な現象です。 

勉強をやっていても、苦手科目なるものは存在します。 一生懸命やっているのに、成績が伸びない。 そんな時に感じる「アー もうダメだ。」は、どうすれば克服できるでしょうか。 

ただガムシャラに努力し続けて、根性だ!気合いだ!気合いだ!で乗り切るべきでしょうか。

勉強や仕事、スポーツ・技能習得にも言えることですが、「上手くいくかな」と不安を感じながら恐々取り掛かるのではなく、「自分はやれるんだ」と自分に言い聞かせ、自己暗示することで、不思議と上手くいくことがあります。 自分自身を騙してしまうのです。

特に、試験などで有効なのが、長い勉強期間を乗り切るパワーが必要な時に、合格後の姿を想像してみる、又はなりきる、ということです。

これらに共通することは、否定的な感情にならず、肯定的に物事を考えてしまおうということで、精神的な安定を得て、好循環を導き出すということでしょうか。 

この精神作用の効果は、素晴らしいものだと思います。 実際に、多くの指導者が、合格後を想像することを勧めています。

行政書士試験では、色んな科目があるなか、出題割合の最も多い行政法を得点源とすることが必要です。 
行政法が苦手、では、話になりません。 

是非、「行政法が得意」になって頂きたいのです。 ですから、行政法を勉強するときには、行政法は得意だ(或は、こんなもん、簡単だ!)と思い込んで、勉強されることをお勧めします。

根拠のない自信ですが、どうせ元手はタダです。 試してみない手はありません。

 

(2014年4月30日(水) 11:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

会社員から行政書士へ。親切・丁寧に、合格への最短経路教えます

ブログ記事 ページ先頭へ