サイタ資格取得講座行政書士講座広島 牛島行政書士合格講座 スクールブログ 気になる鮨とT...

気になる鮨とTPP (4月25日)

アメリカのオバマ大統領が来日し、日米の首脳会談を開きましたね。

大統領が来日するのは久しぶり。 
歓迎すべきことなんでしょうが、そのたびに警護は大変です。 今回も例に漏れず、というか前回よりも更に厳しい警戒態勢が布かれていたんでしょうね。

世界的に見れば、テロの危険性が増してきているのでしょうから、それも当然か。

で、到着した日(23日)の夕飯、安倍首相と銀座でスシを食ったそうな。 目の前を通過する皿を追っかける必要のない、多分、世界で一番美味しいスシ。

本人も、今までで一番美味しかったと言っていましたが、実は、出てきた料理の半部は残したそうです。 どうやら、TPPの話しの方が大切だったようで、食事は二の次というところでしょうか。

そこで、世間としては気になるアレの行方!  残ったスシは、どうなったんでしょうね?
まさか、1貫、ン千円もする高級スシを食べ残しとして捨ててしまったんじゃないでしょうね。

もしかして、随行者が完食したんでしょうか。 気になる所です。

そこで、今回の訪日で話題のTPPですが、行政書士試験の中にも、経済分野として出題予想されるところですね。 

一般的に考えれば、TPPやEPA、FTAなどの概要(GATTからの歴史、設立趣旨や経緯)、それらの違いを押さえておけば充分と思いますが、意地悪く考えると、今回交渉で対象となったものや成果などを訊いてくることも考えられます。(最早、時事ネタになりますが。) 

経済政策は、試験対策として外せません。 どこまで対策を立てておくべきか。 気になる所ですね。

 

(2014年4月25日(金) 14:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

会社員から行政書士へ。親切・丁寧に、合格への最短経路教えます

ブログ記事 ページ先頭へ