全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座東京 やさしく学ぶ行政書士講座 スクールブログ 法律学習3つの...

法律学習3つの心構え

はじめまして!
本講座、やさしくまなぶ行政書士講座の講師を勤めさせていただきます吉澤と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

私は、平成21年に行政書士試験に合格しました。

行政書士試験は、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、法令等で50%、一般知識で40%、全体で60%以上の正解で合格となります。

つまり、上記の割合をクリアできればいかなる順位だろうと合格できるのです。しかも、その時の点数配分によって多少異なりますが、仮に法令で70%以上正解すると一般知識は50%の正解、すなわち半分間違えてしまっても合格する可能性が低くはないのです。

このように考えると、行政書士試験で法令等の、特に憲法、民法、行政法(平成21年度の出題を例にとると、法令等の五肢択一式40問の内なんと80%以上をこの3科目が占めています!)の学習を重点的に行うことが行政書士試験突破の効率的な学習であることが見えてくるのではないかと思います。

そこで、これらの法律を学習するに際して、大切な心構えを3つほどあげたいと思います。

1、分からなくても先に進めるアバウトさ

2、なぜ、どうしてという問題意識をもつこと

3、最後までやりとおす継続力

以上の3つが法律を学習する上で重要だと私は考えてます。

「1」については、法律は全体的にボリュームがあり、特に民法は内容が厚く、誰もが民法の壁に一度はぶつかるのではないでしょうか?内容が重いとその項目ばかりに目がいってしまい、自分が全体のどの辺りを勉強しているかを見失いがちになります。

そこで、本講座ではまず、条文の目次や教科書の目次を用いてその法律の全体像を概観するところから始めます。また、各回で取り扱う学習項目の、全体における位置づけを意識しながら講義していきたいと考えてます。

このような講義を行うことで、法律の理解が進み、そして理解が進むことで試験に必要な法的知識が記憶に定着しやすくなります。

「2」については、問題意識を持つことで、例えば「どうしてこの判例が今回の学習で重要なのだろうか?」とか、「この判例とあの判例は一見似たように見えるけど、別に取り上げられているのは二つの判例で何か違うのだろうか?」という問題意識を持って講義に臨むだけで、理解の進み具合も異なりますし、やはり記憶の定着度合いも異なってきます。

もちろん、最初からそのような問題意識を持つことは難しいですから、私からもその都度問題提起をしていくつもりですから、ご安心下さい。

最後に「3」についてですが、これは法律に限らないことだと思いますが、「継続は力なり」という言葉と同じ意味です。

本講座では、このことをもっとも重視しており、生徒の方が無理なく続けていけるように、時に漫画のようなイラストを用いて説明したり、理解が難しい箇所があれば生徒の方が分かるまでじっくり説明するために進行を調節しながら法律を学んでもらいたいと考えてます。

以上の3つのことを意識しつつ、生徒の方が楽しく法律を学べるように、生徒の方の意見も大切にしながら随時工夫をこらしていくつもりです。

思い立ったが吉日という言葉もあります。
さぁ、一緒に行政書士試験突破を目指して法律の扉を覗いてみませんか?



 

(2012年4月4日(水) 23:43)
この記事を書いたコーチ

北大法科大学院に進学。苦手ポイントの発見からじっくり合格をお手伝い

やさしく学ぶ行政書士講座
吉澤豊 (行政書士)

田端・十条・王子・千駄木・根津

ブログ記事 ページ先頭へ