サイタ資格取得講座行政書士講座千葉 行政書士ビギナーズ スクールブログ 自分の経験から...

自分の経験から・・・。その3

さて、今回も平成21年度本試験の問題の続きです。

問題26 国の行政組織に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 国家行政組織法は、内閣府を含む内閣の統轄の下における行政機関の組織の基準を定める法律である。
2 内閣府は、内閣に置かれる行政機関であって、その長は内閣総理大臣である。
3 省には外局として、委員会及び庁が置かれるが、内閣府にはそのような外局は置かれない。
4 各省および内閣府には、必置の機関として事務次官を置くほか、内閣が必要と認めるときは、閣議決定により副大臣を置くことができる。
5 内閣は、政令を制定するほか、内閣府の所掌事務について、内閣府の命令として内閣府令を発する権限を有する。

正解は「2」。自分の解答は「4」でした。

この問題も自分の対策の手薄な部分を突かれたなぁ、という感じのものだったんですが、とりあえず、肢を1つずつ、見て行きましょうか。
肢1は「内閣府を含む」って、わざわざ書いているところがもう見るからに怪しげですよね。よって、☓。
肢3は、今後、多少、状況が変わってくることもあり得ますが、当時の内閣府の外局・・・公正取引委員会、国家公安委員会、消費者庁、金融庁などの内、どれか一つでも知識として知っていれば、それだけで「☓」と解ります。
肢5は、行政法や基礎法学の最初に学ぶ、「内閣府令-内閣総理大臣」「政令-内閣」という関係から「☓」

さて、正解である肢2ですが、余りにも当たり前過ぎて、どこかに何か、引っ掛け、見落としがあるんじゃないかと疑心暗鬼になってしまったのですね。

その一方で、肢4は、副大臣を副知事や副市長と同じように、法定必置の機関(役職)ではないと思っていたのです。
勿論、国家行政組織法には「副大臣を置く」と明記してあります。「置くことが出来る」でもなければ、「副大臣を置く。ただし、◯◯で置かないことができる。」でもありません。ああ、認識不足も甚だしい!

行政法は、行政手続法、行政事件訴訟法、行政不服審査法が三大出題分野なのは間違い有りませんが、ちょっと試験勉強の合間に煮詰まったときは、目先を変えて、それ以外の法令も軽く流しておいた方がいいのかもしれませんね。
勿論、他の分野に自信のある方は、ここから出題された時は捨て門にしてしまう、という選択肢もありかもですが。

(2011/12/1)

 

(2011年12月1日(木) 23:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

行政書士事務所開業も。丁寧な指導の先生に何でも質問して合格を掴む

新着記事

 正直申し上げて、自分は集中力のあるタイプではありません。  なので、行政書士試験に限らず、何かの資格試験やスポーツの分野などで、寝食も忘れ、一日に何時間の猛勉強や練習を重ねた結果・・・なんて話を聞くと、ただただ圧倒されると共に、自分には無理だなぁとしみじみ思います。  しかも、これに加え...

 テキストだの基本書だの問題集だの、行政書士試験に限ったことではないかも知れませんが、資格試験の勉強を本気で最後までやり続けようと思うと、最初に買った基本書一冊だけで済ませる、という訳には次第に行かなくなってくるものです。  勿論、基本書を何度も回す、というのは大事な事ですが、何度もやっ...

 働きながら、法律の知識を知らず知らずに、身につけることの出来る仕事がある・・・といえば、ナニを連想されますか?  もちろん、各企業の法務部やご自身で商売や起業された経験のある方、不動産屋さんや法律系の事務所で就業されている方が有利には違いないのですが、そうでなくても、派遣社員やアルバイ...

 23年度試験の合格発表も終わりました。  さて、これから心機一転、行政書士試験の対策に取り掛かろうという方に老婆心ながら、一言、ものすごーく、障子の桟の埃を指で確かめるような小姑的なアドバイスを。  「行政書士試験」というような単語で、検索をかけると、なんと大勢の受験生の方が「受...

 今回も平成21年度の問題からの引用です。  選択の中に、あまりテキストでも教わった覚えのない設問が混じっていた時、どう判断するか?たまたま自分が知っていたならともかく、通常は他の肢を見て判断をつけていくしかありませんが・・・・。 問題28 時効に関する次のA~E の各相談に関して...

ブログ記事 ページ先頭へ