サイタ資格取得講座行政書士講座神奈川 たかの行政書士合格ゼミ スクールブログ いよいよですね...

いよいよですね。ここで必勝法を。

必勝法?になるか、わかりませんが。

いまさら、勉強法をどうしろとは申しません。

これは、試験当日の必勝法です。

簡単にいえば、「問題を解く順番」です。

それだけです。

「第41問から解き始める」

それだけです。

41問から60問までを初めに解きます。それから1問目から40問目を解きます。

理由は、41問目から、特に最後の3問は長文読解です。

単純に頭の疲れていないうちに、取れる問題を確実に取り、そして一般知識の足きりをクリアする、ということです。

試験までに、過去問を通しでやる時間のある方は、一度お試し下さい。

「そんな時間はない。」方は、試験当日やってみる価値はあると思いますよ。

あと少し。

高野でした。

 

(2011年11月8日(火) 21:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元司法書士事務所勤務。学習計画を一緒に練ってくれるから合格への最短距離

ブログ記事 ページ先頭へ