全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座千葉 行政書士ビギナーズ スクールブログ いつもと同じ日...

いつもと同じ日常を。

今年度の本試験まで2週間ばかりとなりました。

前回は試験当日までに、「一度は試験会場の下見に行こう」という話をさせて頂きましたが、今日は「試験当日の過ごし方」を少しだけ。

「試験当日の過ごし方」といっても、朝、起きてから試験会場に到着するまでの時間な訳ですが、個人的には試験当日だから、といって、いつもと変わった事をするのは、あまりお勧めしていません。

普段お仕事をしている方、学生の方、主婦の方、フリーターの方、人それぞれにいつもの朝の過ごし方、パターンというものがありますよね。

試験の朝もそれをそのまま続けて下さい。
試験当日だから、と何か特別なことをするでなく、いつもどおりの自分の生活パターンを続けることも、余計な力みをなくし、リラックスして試験の望む為の重要なキーかもしれません。

いつも電車を使っている方なら、試験会場まで行くのも電車がいいですね。試験の日だから、と誰かに車で送り届け貰ったり、いつもと違う朝ごはんのメニューにしてみたり、いつもやらないことをやると意識しないウチにどこかに力みのようなものが出てしまうかもしれませんから。

試験会場についてしまえば、否応なしに、多かれ少なかれ緊張感が沸き上がってくるものなのですから、家を出る前から、特別な日、ということをことさら意識するような行動をとることもないのじゃないかな、と思います。

あ、ただし、朝ごはんだけは、いつも抜いている方もしっかり摂られたほうがいいかな、とも思いますが、これも普段軽めの方は無理されることもないかもしれません。

要は、普段のありのままの自分でいられること、その状態の気分で試験開始の合図を待つこと、それが一番ですよね。

(2011/10/31)

 

(2011年10月31日(月) 1:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

行政書士事務所開業も。丁寧な指導の先生に何でも質問して合格を掴む

行政書士ビギナーズ
小西教義 (行政書士)

西船橋・新浦安・海浜幕張・葛西・浦安・南行徳・行徳

ブログ記事 ページ先頭へ