サイタ資格取得講座行政書士講座千葉 行政書士ビギナーズ スクールブログ 法律の勉強をす...

法律の勉強をするなら国語辞典は必須!

え?法律の勉強をするなら、六法じゃないの?

違います。

いや、それはまぁ、確かに六法も必要ですけどね。

これまでに、企業の法務部や、大学が法学部だった、なんて方なら特に国語辞典はいらないかもしれません。

でも・・・今まで「法律」ってのものに、積極的に触れたことのない方には、まず、国語辞典です。

なぜでしょう?

日常会話の中で、極々当たり前に使われている言葉が、法律の世界の中で使われているとき、「え!」というぐらい、違う意味で使われていることが、とっても、多いからなのです。

その中でも特に有名なのが「善意」と「悪意」という言葉。

お手元に、国語辞典、電子辞書などあれば、「善意」と「悪意」という言葉の意味を調べてみてください。

如何でしょう?
普段、私たちが生活の中で使っている通りの意味が解説されていると思います。

ところが法律の世界では、まるっきり違う意味になります。

「善意」・・・ある事情を知らないこと。
「悪意」・・・ある事情を知っていること。

 まず、国語辞典通りの意味で法律を読んでみる。
 「なんか、意味がよく通じない・・・」
 そう思った時が理解度を一気に高めるチャンスです。

(2011/8/23)

 

(2011年8月23日(火) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

行政書士事務所開業も。丁寧な指導の先生に何でも質問して合格を掴む

新着記事

 正直申し上げて、自分は集中力のあるタイプではありません。  なので、行政書士試験に限らず、何かの資格試験やスポーツの分野などで、寝食も忘れ、一日に何時間の猛勉強や練習を重ねた結果・・・なんて話を聞くと、ただただ圧倒されると共に、自分には無理だなぁとしみじみ思います。  しかも、これに加え...

 テキストだの基本書だの問題集だの、行政書士試験に限ったことではないかも知れませんが、資格試験の勉強を本気で最後までやり続けようと思うと、最初に買った基本書一冊だけで済ませる、という訳には次第に行かなくなってくるものです。  勿論、基本書を何度も回す、というのは大事な事ですが、何度もやっ...

 働きながら、法律の知識を知らず知らずに、身につけることの出来る仕事がある・・・といえば、ナニを連想されますか?  もちろん、各企業の法務部やご自身で商売や起業された経験のある方、不動産屋さんや法律系の事務所で就業されている方が有利には違いないのですが、そうでなくても、派遣社員やアルバイ...

 23年度試験の合格発表も終わりました。  さて、これから心機一転、行政書士試験の対策に取り掛かろうという方に老婆心ながら、一言、ものすごーく、障子の桟の埃を指で確かめるような小姑的なアドバイスを。  「行政書士試験」というような単語で、検索をかけると、なんと大勢の受験生の方が「受...

 今回も平成21年度の問題からの引用です。  選択の中に、あまりテキストでも教わった覚えのない設問が混じっていた時、どう判断するか?たまたま自分が知っていたならともかく、通常は他の肢を見て判断をつけていくしかありませんが・・・・。 問題28 時効に関する次のA~E の各相談に関して...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、行政書士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ