全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座東京 攻略行政書士試験合格講座 スクールブログ 独学のメリット...

独学のメリット・デメリット

行政書士を取りたいけど独学で合格できるか不安だ。
勉強するにしてもどのような方法で勉強していけばいいのか分からない。

行政書士を取得しようと決意したが、このような悩みをお持ちではないでしょうか?
独学でも行政書士試験に合格は可能です。
だけど、独学には費用が安いというメリットとだけでなく、デメリットもありますから、注意してください。

行政書士試験における独学のメリットは、次の2つでしょう。
1 費用を安く抑えられる。
通信教育でも10万円前後、スクールでの受講だと20万円前後の費用がかかります。
これに対して、独学では、2万円もあれば十分な教材が揃い、模試も受けられます。

2 自分のペースで勉強できる。
独学で勉強すれば、自分に合わせたペースで勉強できす。
社会人の方は、スクールと仕事の予定を調整する必要がありません。

行政書士試験における独学のデメリットは、次の2つでしょう。
1 疑問点が出ても自分で解決しなければならない。
学習していて分からない部分が出ても質問ができません。
疑問点は自分で解決しなければいけません。
法律を初めて勉強する人にとって、見慣れない言葉が並ぶ法律は、未知の世界です。
まるで外国語を学ぶようなものです。
2 効率的な学習ができない。
独学の最大のデメリットは、ここにあります。
行政書士試験は、深く勉強すべきポイントと基本だけでよいポイントが混在しています。
市販のテキストには重要度として区分してあっても、独学で勉強していると、どの程度まで勉強すれば良いのかわかりません。
 
私は、本校の長所の1つとして、独学のメリットを残しながら、そのデメリットをなくした点があると考えています。

 

(2011年5月2日(月) 22:32)

次の記事

この記事を書いたコーチ

ユーキャンで講師経験!法人設立が専門。経験に基づいたレッスン

攻略行政書士試験合格講座
畑山鋼 (行政書士)

取手・佐貫・土浦・東京・新橋・品川・目黒・恵比寿・渋谷・新宿・高田馬場・池袋・西日暮...

ブログ記事 ページ先頭へ