サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(8ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

切ったら分断する。碁は切り...
切ったら分断する。 碁は切り合えばどうあれ振り替わりになる。 切った以上、中途半端に手を戻さずに分断して振り替わりを目指す。 (裂かれ形は一方的な分断なので不味いが、切ればお互...
上手との碁(置き碁)では攻めたほう...
上手との碁(置き碁)では攻めたほうが良い。 攻めると石の調子が付き、打つ場所が分かりやすい。 白地を荒らす、消すような捌きは、目算してどの程度成果を上げるか計算しなくてはならないため...
碁は小ヨセに入るまで形が確定しない...
碁は小ヨセに入るまで形が確定しない。 例えばフリカワリになったとき、黒地に隙があれば白石が生きて白地になることもある。 ただその際代償として、フリカワリで得た白地を失うことになる。 ...
碁は生きている場所から価値が下がっ...
碁は生きている場所から価値が下がっていく。 最終的にすべての石が生きて終局する。 最初はどこも明確に生きていない状態であり、空間を取っていくことで手が進む。 生きたら空間(地)...
碁は実利先行で打つか、手厚く打ち進...
碁は実利先行で打つか、手厚く打ち進めるかのいずれかである。 もちろん先行したからといって手厚く打てないわけではなく、どこの空間を大事にするかで決まる。 ※自分の打ちたい空間に先行、あ...
序盤のポン抜きは非常に厚い。...
序盤のポン抜きは非常に厚い。 碁では石を取れていても、取りきるまでに打つダメの数が多いほど薄い形である。(=利きが多い形) 相手の石を取って盤上から利きがなくなるのが一番厚い形であり...
白の形を崩すと形勢が優位になる。...
白の形を崩すと形勢が優位になる。 碁は全体のバランスと部分的な形で形勢が決まる。 形が崩れると全局にも影響してくるので、お互いの形に注視することが大切である。 碁は反発精神...
布石では幅を取って打つ(模様を張る...
布石では幅を取って打つ(模様を張る)か地を確保する(眼形を厚くする)かのどちらかである。 幅を取って打つほうは後に相手に入られることを想定して打つことになる。(どう攻めるか考える) ...
黒地がどのくらいできるかどうかは周...
黒地がどのくらいできるかどうかは周囲の白石の強弱で決まる。 左右に強い白石がいると黒地はあまりできない。(場合によっては攻められる) 逆に弱い白石を攻めていると、白が逃げている間に周...
盤面の空間が広いうちは地になる可能...
盤面の空間が広いうちは地になる可能性が無数にある。 逆に地を確定させるにはある程度狭い空間にしなくてはいけない。 (相手が入ってきても取れる空間) 広く構えて入らせることで上下左右...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計226件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ