サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(6ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

・布石では思考と着手を一貫させる。...
・布石では思考と着手を一貫させる。 仮に部分的に100点の着手を打っていたとしても向いている方向が違えば、全局的には100点とは言えなくなる。 ※定石の選択ミス(方向違い)が典型的な...
・隅(三々)や辺(二線、三線)は白...
・隅(三々)や辺(二線、三線)は白に打たせても良い。 囲碁の手数は長いので、結果(実利)はゆっくり求めていけばよい。 早々に結果を求めて打つと、相手の将来性(厚み)が豊かになって後あ...
・星の石は孤立させず、辺との連携を...
・星の石は孤立させず、辺との連携を取る。 星は三々が残っていて地に甘い(眼が薄い)ため、ほかの星との連携を保つ。 小目などは一隅で完結できる反面、他の隅との距離が遠く連携には不向きで...
・隅の地は囲い方が非常に難しい。...
・隅の地は囲い方が非常に難しい。 あまり小さく囲ってしまうと外勢(厚み)のほうが勝ってしまい、打ちづらくなる。 かといって、大きく囲うと三々などに手が生じてしまって地にはならない。 ...
・布石ではバランスを取って打つ。...
・布石ではバランスを取って打つ。 左右が見合いという場面を作るほど、局面が見やすくなる。 相手にどこを譲るか、自分はどこを得るかイメージして打つと良い。 相手に合わせて打ったり...
・ツケ、カドには相手をする。...
・ツケ、カドには相手をする。 ツケは石のダメが詰まるので、割と強制力が強い。 二手連打されるとダメが二手しかなくなるので、基本は受ける。 カドも連打されると二子の壁に一子がへば...
・白石が多い場所での戦いは極力避け...
・白石が多い場所での戦いは極力避ける。 置き碁では全局的に黒が優位な立場であるが、部分的に白石が多い場所では有利とは言えない。 白石にいちいち相手をしていたら不利な場所での戦いを強い...
・一路違いで打つ手が変わる。...
・一路違いで打つ手が変わる。 四線か三線かで働きが変わる。 打ちきりの形はそこから動かず、反対方向から打ったりほかへ展開する。 まだ形に不安があるときはそこから動くのが大きい。...
・石をつなげて連動させると狙いが大...
・石をつなげて連動させると狙いが大きくなる。 石がそれぞれバラバラだと守ったり、囲ったりするのに手間がかかり一手の価値が小さくなる。 石がつながっていると大きく地を囲う狙いができ、白...
・石を取られると「利き」が無くなる...
・石を取られると「利き」が無くなるので、全局的に損が大きい。 外側、内側の交換ができるところを、石を取られてしまってはタダで守らせてしまうことになる。 白石に弱点が無くなればいくらで...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計226件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ