サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

・利かしには受けずに利かし返す。...
・利かしには受けずに利かし返す。 ノゾキのような利かしを安易に受けるのは良くないので、うまい反撃を考える。 その際、先に利かすような手を考えると良い。 相手がこちらの言い分を聞...
・囲碁は広く地を囲うか、狭く囲わせ...
・囲碁は広く地を囲うか、狭く囲わせるかの二択である。 中盤は大きく生きる、小さく生かすと考えたほうが良い。 攻めとは相手を小さく生かすことが目的であり、先手ヨセでもある。 白に...
・一手の価値が常に同等以上の手を打...
・一手の価値が常に同等以上の手を打つ。 初手から最終手まで、相手の後追いの着手は価値が下がる。 相手と同じ価値の手を打つには手抜きが最良の手段になる。 ただし中盤では石の強弱、...
・囲碁は石を囲うゲームであり、石が...
・囲碁は石を囲うゲームであり、石がしっかりした形が地となる。 地を囲うプロセスは石を囲うことから始まる。 何手も何手もかけて自前の石で地を囲っていくよりも、交互の並べ合いによって固め...
・石の折衝と空間の占め合いを両立さ...
・石の折衝と空間の占め合いを両立させる。 空間の占め合いで後れを取らなければ、大差が付くことはない。 ただし部分的な石のぶつかり合いで割りを喰うとじりじり差が開いていくことになる。 ...
・黒が自ら崩れなければ、そうそう大...
・黒が自ら崩れなければ、そうそう大差にはならない。 囲碁の基本的な考え方は「見合い」である。 黒白交互に打っていくため、白がいくら策動しようともしっかり受けていれば差はなかなか縮まら...
・高段者の戦いは反発と利かし合いで...
・高段者の戦いは反発と利かし合いである。 相手の意図を察知して思うようにさせないこと(反発)と、相手にこちらの言うことを聞かせる(利かし)が高段者の碁のほとんどである。 やむを得ない...
・石の形や形勢判断は定石を元に考え...
・石の形や形勢判断は定石を元に考える。 元々の石数や地合いの計算など判断材料はいろいろあるが、真面目に分析していると時間がかかる。 おおよそは定石などを元に判断したほうが、形や形勢の...
・上から封鎖する攻めは厚みができる...
・上から封鎖する攻めは厚みができる代わりに、利きがなくなってしまう。 黒の星に白が序盤早々に三々へ入るなどは、厚みをいくらでも働かせる余地があるので有り難い。 ただし、黒もどこかに地...
・配石のバランスを考える。...
・配石のバランスを考える。 上(中央)に石があるときは、下(盤端)から打つ。(黒石の天井があるときは、白石の眼を奪う) 三線に石があるときは、四線に打って位を保つ。 石が重複し...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計222件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ