サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

筋と形
・囲碁には地と石の2つの概念がある。 正確には「アタリにならない空間が広いほうが勝ち」となるので、地とは生きている(アタリにならない)石のことである。 ただし、地と石の区別をつけたほ...
攻めと守りと消し
・攻めの目的は「相手の地を減らすこと」守りの目的は「自分の地を増やすこと」 地を作らせない、作ることも同じであり、布石の段階ではハサミなど地を作らせないように打つのが攻めである。 具...
定石と状況判断
・定石は局面において変化するものである。 周囲との石のバランス、微妙な配置で定石は常に変化する。 一貫性vs柔軟性の場合、高度なレベルでは柔軟性が勝るが一般的な対局では一貫性が勝るこ...
アルファ碁
・囲碁は部分的な着手より全局的な判断で打つゲームである。 部分的に奇抜な手を打つのは、AIといえども不可能である。 ※筋(アタリ)と形(アタリを防ぐ)の関係上、部分的な良し悪しは解明...
筋と形
・囲碁の筋とは「アタリ」のことである。 有効なアタリを「手筋」、無効なアタリを「無筋」と呼ぶ。 より有効なアタリを打つために、むやみにアタリは打たないのが基本である。 手筋には...
利かしと様子見
・様子見という高等戦術が有力である。 囲碁は左右見合いで、どちらに打つか判断しかねるときは「様子見」を打つ。 布石早々なら、両空き隅を残しての「カカリ」で様子を聞く。 それ以降...
手割りと地合い
・石の効率を形で判断する。 余分な石がくっついていた場合、一手パスの形で地(眼)を作るよりも捨てたほうが良い。 また断点が狙えない石、生きている石の近くは価値が低い。 断点を狙...
最新のアルファ碁と囲碁の変化
・戦い(掛け算)のあり方が見直されてきている。 江戸時代~現代に至るまで、厚み(足し算)~戦い(掛け算)の碁形に進化を遂げていった。 足し算よりも掛け算のほうがプラスが大きくなりやす...
先手と厚み
・部分的なところを軽く見る場合は、先手が大事なときである。 先に重要な着点に先行したいなら、部分を軽くみる必要がある。 軽くとは半分、もしくは全部取られても構わない発想である。 ...
基本手筋
・切り結び(切り違い)から派生する手筋は限られている。 シチョウ・ゲタ・両アタリ・ウッテガエシ・二線のハネツギ、これくらいしか考えられる手筋はない。 ダメヅマリによる追い落としや押す...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計226件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ