サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(19ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

囲碁は相手の生きていない石(弱い石...
囲碁は相手の生きていない石(弱い石)を攻めながら自分の石を大きく生きるゲームである。 効率よく生きる(囲う)ために相手の石を攻める。 相手の石や自分の石が生きたらその周辺は価値が低く...
星の弱点は三々なので、守るタイミン...
星の弱点は三々なので、守るタイミングに気をつける。 ?三々を守ってから広げる ?守らずに大きく広げる ※小さく広げると三々に入られて無駄な一手になる恐れがある。 相手の陣...
序盤の有利な段階では相手の石を分断...
序盤の有利な段階では相手の石を分断して攻める。 相手がツケて切って来たときは、種石を助けて戦うかフリカワリを目指して打つか決める。 大きな囲い合いでもフリカワリの原理は同じである。 ...
働きのない石は捨てて打つ。(切りな...
働きのない石は捨てて打つ。(切りなど狙いのある石は助けて打つ) 序盤の三々入りは黒大歓迎。(中盤以降で壁が働かない局面では守る) 相手の模様(勢力圏)に進入するときは深入りは禁物。(...
つながらない石は別々に打つ。(無理...
つながらない石は別々に打つ。(無理につなげようとすると裂かれ形になる) 相手の石を止めるときは、ぴったり止まるときはぴったり止める。止まらないときは確実に止まる位置まで引いて止める。 ...
ツケノビ定石の後、白が断点を守った...
ツケノビ定石の後、白が断点を守ったら黒も守る。 模様は芯を入れてから広げる。 (今日の棋譜で言うと、白はシマリを打ってから広げるべき) 壁を作って手厚く打ち進めると、相手の石を厳し...
裂かれ形を打って良い場合がある。...
裂かれ形を打って良い場合がある。 (裂かれた後の黒が両方強く、白が弱い場合は成立する。) フリカワリという考え方がある。 (相手の手に手抜きをして、お互い打った場所を2手連打する。) ...
石のダメヅマリには注意する。...
石のダメヅマリには注意する。 (相手の断点とダメヅマリを狙う。) 石数が少ないとすぐダメが詰まる。 (相手のダメは詰めて打ち、自分のダメは詰まらないように打つ。) オシし...
白石に囲われないように中央に向かっ...
白石に囲われないように中央に向かって頭を出す。 頭を出すことで、次に白石を囲い返す手を狙う。 白に囲われてしまった場合は、生きるか捨てるか選択する。 黒石がつながって強くなれば...
三連星の後、白のカカリに対してはわ...
三連星の後、白のカカリに対してはわかりやすく上にツケて打つ。(ツケノビ定石) 白が自陣を固めている間に、黒は大きく広げて白の進入を待つ。(入って来なければ囲う) 序盤では白は固く打っ...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計227件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ