サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(17ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

白の手に相手をするか手抜きするか考...
白の手に相手をするか手抜きするか考える。 (打つ必要がなければ他を打つ) 碁盤全体を大きく使って打ったほうが良い。 (分かりやすく、かつ攻めたり囲ったりしやすい) 攻めを意識して打つと、...
相手の石を攻める(眼を奪う)と有利...
相手の石を攻める(眼を奪う)と有利に進めらる。 黒番では、基本的には相手の石を攻める展開が望ましい。 そのために黒模様を立体的に広げる。 (相手が入って来るのを待って攻める)
隅を効率良く守る工夫をする。(白...
隅を効率良く守る工夫をする。 (白の割り打った手に対するつめ方など) 相手のヒラキが広いときは迷わず打ち込む。 (周りの黒が強いときは特に) 攻めていると白は打ちたい手を打てない。 (黒は攻...
二間は薄い形なので、打つときは注意...
二間は薄い形なので、打つときは注意が必要。 (二間が良い場合もあります) 相手の弱い石を上手く攻めることで、効率良く陣地を囲って行く。 (攻め損なうとうまく陣地を囲えない) より価値の大...
読みは感覚的な部分で判断することが...
読みは感覚的な部分で判断することが多い。(読めるところは読む) 変則的な手は少なからず損をする。(積み重ねると大損) 死活に一手入れるかは、部分の読みと全局的な判断が必要である。 (慣...
序盤は中央の力関係に気をつける。...
序盤は中央の力関係に気をつける。 ヨミが後の展開を決める上で重要になる。 ツケにはまずハネやノビを考える。
中央重視の碁は相手を攻めて陣地を得...
中央重視の碁は相手を攻めて陣地を得る展開になる。 生きと死にの間にコウがありコウに勝つと相手に他で2手連打され、負けても他を2手連打できる。(フリカワリ) ヨセでは1目2目の得を争い...
石は取られてしまうと損だが、うまく...
石は取られてしまうと損だが、うまく捨てると得することができる。 石の数を少なく陣地を囲うと効率が良く、手数を多くかけるほど効率が悪くなる。 陣地の増減は入られた分だけ減らされたという...
白石を分断して攻める。白石...
白石を分断して攻める。 白石を攻めると自然と陣地が固まる。 逆に黒石が攻められたり、白石が安定すると黒地がつかない。 三々が空いている場合は直接守るか、入られてもいいように大き...
相手の石を攻めたい時はツケを打たな...
相手の石を攻めたい時はツケを打たない。 (ただしスベリを防ぐコスミツケは好手) 逆に相手の陣地を荒らすときはツケが有効になる。 (相手の石を固めても惜しくないときが効果的) 黒の...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計221件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ