サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(16ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

「受ける」とゆっくりしたヨセ勝負の...
「受ける」とゆっくりしたヨセ勝負の碁になるので、「攻め」の意識で序盤は大きく広げて打つ。 攻め合いでは一眼あるかないかが、取るか取られるかを大きく左右する。 勝っているときは断点を守...
※利き筋(相手が打ったら受けな...
※利き筋 (相手が打ったら受けなければならない約束事) 利き筋を考慮して打つ。 (ヨミの分野になります) 生きて打つか、捨てて打つ考える。 (捨てるときは、初めから捨てて打つ...
布石の段階では、黒の勢力を大きく広...
布石の段階では、黒の勢力を大きく広げていく打ち方が分かりやすい。 相手の石を攻めると効率良く陣地がまとまる。 壁(厚み)は囲うことに使わず、相手の石を攻めることに活用する。
囲碁では最善の手を打つというより、...
囲碁では最善の手を打つというより、どういう方針で打つかが着手を決める上で大切である。 (性格や棋風の分かれるところでもあります。) 相手の着手に手抜きをすることが良い場合もある。 ...
相手の石を攻めて主導権を握る。...
相手の石を攻めて主導権を握る。 (黒番で攻め損なうとコミが負担になる) 碁によって利かす場所が違ってくる。 (模様の碁では中央から利かす) 目一杯打つときは反撃されないか考える。 (反...
小目は隅を大事にする手で、星は辺や...
小目は隅を大事にする手で、星は辺や中央への展開を重視する手である。 カカリに対しては受けていてどうということはない。 (挟んで積極的に行くのがオススメですが) 切り違いはどちら...
模様の拡げ合いは、黒のほうが優位に...
模様の拡げ合いは、黒のほうが優位に立てるので白は入って行くしかない。 (黒は入ってきた白石を攻める) 布石やヨセでは相手の手について行くと、良いところをどんどん相手に打たれる。 ...
小目は隅の地と根拠を確保する手であ...
小目は隅の地と根拠を確保する手である。 (星より隅に近いので) シマリが大きいため、カカリを打たれることがほとんどである。 (隅を効率良く地にさせないためカカリを打つ) ...
中国流の布石では効率良く陣地を囲う...
中国流の布石では効率良く陣地を囲うか、または入ってきた白石を攻める展開になる。 先に攻めることで優位に打ち進めることができる。 一貫性のある布石だけに、うまく攻めたり囲ったりしないとたちまち...
カカリに対しては、受けるより挟むほ...
カカリに対しては、受けるより挟むほうが積極的である。 (受けるとゆっくりした碁になる) 今日の一局目のような、白の手に手抜きをしてどんどん大場に先行するのは有力な打ち方である。 ...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計222件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ