サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(15ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

白石の中央進出を止めてることが大き...
白石の中央進出を止めてることが大きい。 (辺に押し込めて黒は壁を築く。) ツケに対しては手抜きしづらい。 (場合によっては手を抜いて打つ。連打されるのが厳しいときは受ける。) カス石と種...
序盤は中央に頭を出して打つ。...
序盤は中央に頭を出して打つ。 (相手に封鎖されないように、逆に相手の石の分断や封鎖を狙う) 相手の石を攻めながら陣地を作るのが効率が良い。 (封鎖を狙いながら陣地を囲って行った...
相手の石が弱いときは逃さず攻める。...
相手の石が弱いときは逃さず攻める。 (相手の手抜きに惑わされない) 黒の勢力圏で白石が分断できそうなときは、積極的に分断する。 (後のことは切ってから考える) 裂かれ形に...
相手の抱えている弱点を見抜いて攻め...
相手の抱えている弱点を見抜いて攻める。 (白石がひとりぼっちだったり、眼を持たずに宙に浮いてる石を狙う) 相手に弱い石がない場合は大きいところ(大場)に先着する。 自分の石を補強した後は、...
星からカカリへのコスミツケは、辺や...
星からカカリへのコスミツケは、辺や中央が薄く(弱く)なるので、あまり打たないほうが良い。 (※ただし攻める場合は別で、例えば三連星の内側にカカッてきた石に対しては、スベリを打たれないように...
陣地を守るときには、味方が周りに多...
陣地を守るときには、味方が周りに多いとき広く囲い、少なければ堅実に囲う。 (強いところで固く守ると、どんどん固められて石の効率が悪くなる) 石を取られたときは、外から打って捨てること...
ツケに対しては、ハネる手が厳しくな...
ツケに対しては、ハネる手が厳しくなるので基本的には手抜きできない。 白石を攻めながら陣地を固めて行くのが理想的で、単に囲うと白から入られる。 白の石を脅かしているうちは白も手抜きをできず、治...
アタリは基本的に手抜きをせずにつな...
アタリは基本的に手抜きをせずにつなぐ。 (効率の悪い取り方だと捨てる場合もあります) ツケに対する手抜きはハネる手が厳しくなる。 (ハネに対する手抜きはアタリが厳しくなり、アタ...
裂かれ形(一方的に分断されている形...
裂かれ形(一方的に分断されている形)を避ける。 (そのために相手の石を切断して打つ) 囲碁では石を攻める(囲う)ことで得をするのが理想なので、 眼のない石は簡単に生かさないよう...
隅からのコスミツケは、外側(辺)の...
隅からのコスミツケは、外側(辺)の白石を強くしてしまうので打たないほうが良い。 (悪い手ではないですが、後々打ちづらくなります) 序盤は辺や中央に黒石を持ってきたほうが後々打ちやすい...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計222件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ