サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(14ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

黒地を減らしにきた白石を止めるには...
黒地を減らしにきた白石を止めるには、 ①相手の弱点をつきながら止める。 ②自分のほうの弱点を無くしながら止める。 ③ピッタリ止められるならピッタリ止め、止まらないようなら止まる...
白の両ガカリに対して中央にコスミを...
白の両ガカリに対して中央にコスミを打った後は、上からカケる手が急所になる。 (コスミ+カケはいろんな定石に使われています) ※ただし弱い石を取りに行く手ではなく、生きてる白石を更に上...
種石(相手の石を切断している石)は...
種石(相手の石を切断している石)は取られないように打つ。 (取らせて得ができる場合は捨てて打つ) 裂かれ形には気をつける。 (種石を取られると裂かれ形になり、一方的に弱くなる)...
効率の良い石の働きとは、自分の陣地...
効率の良い石の働きとは、自分の陣地を増やしながら相手の陣地を減らす手である。 (攻めに役立つ手も効率が良い) 裂かれ形にならないように打つ。 (石が繋がらないときは別々に打つことを...
石の生き死にが関係しない地だけの手...
石の生き死にが関係しない地だけの手を打たれた場合、手抜きをまず考える。 (相手の手に付いて行くと相手より小さい手を打つことになるので、相手の打った手に匹敵するほどの大きい手を打つ。) ...
白に中央に進出されると後々攻められ...
白に中央に進出されると後々攻められるので、白を封鎖して中央を大切に打つ。 (ただし白に眼がない場合、中央に進出した白石を攻めることができる) 頭をぶつけて行く手はダメが詰まるので、二...
切り違いは一方の石をノビる。...
切り違いは一方の石をノビる。 (自分が強いときはノビて、弱いときはアテて、互角のときはノビる) 石の生き死にを見極める。 (弱い石を攻めるのが良い手になるため、強い石の近くに打...
二間高バサミは中央志向で打つ際、相...
二間高バサミは中央志向で打つ際、相当有力な手になる。 (他のハサミだと変化される恐れがある) 両ガカリに対しては、二間に挟んでいるほうの白石にツケる。 (分かりやすく良い手になります) ...
置き石をうまく活用するには序盤に石...
置き石をうまく活用するには序盤に石を中央に持って行き、白石を攻めることが大切。 (攻めれば自然と陣地が固まるので、序盤から囲う必要はありません。) 両ガカリに対しては、一方にツケて中央へ進出...
白の手抜きを咎めて攻める。(な...
白の手抜きを咎めて攻める。 (なるべく攻めを継続して打てると優位になります。) 切り違いは一方をノビる。 (基本的に石数の多いほうはノビて打ち、少ないほうはアテて打ちます。) ※石数の多...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計225件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ