サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(13ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

カカリに対して一間に高く受ける手は...
カカリに対して一間に高く受ける手は、次に厳しく攻める手と大場を見合いにして有力な手である。 (ハサミだと厳しい反面、両ガカリから難しくなる意味がある) 白の辺への打ち込みは、封鎖して...
地を囲うとき最も効率の良い形は正方...
地を囲うとき最も効率の良い形は正方形である。 隅からの正方形が一番効率の良い形になります。 (しかし星の場合は三々で簡単に生きられてしまうので、辺から中央にかけての立体的模様を目指し...
「ツケ」は局面や石の強弱で意味が変...
「ツケ」は局面や石の強弱で意味が変わって来る。 ※ただしある程度強制力があり(次にハネる手が厳しいため) お互いが応手していく結果、お互いの石を固める手になることが多くなります。 ...
先または互先の黒番では、三連星から...
先または互先の黒番では、三連星から大きな模様を築いて打つ。 (相手が入ってきたら置き碁の時と同様に攻めて、入って来なければ大きく囲う) 互先の白番または先の白持ちでは、相手のカカリに...
「一石碁に負けなし」という格言があ...
「一石碁に負けなし」という格言がありますが、盤上では石を繋げて(関連させて)打つと効果的です。 (石を切られると、生きる心配をしなければならない) 序盤は中央に石を持って行くと打ちや...
より良い形(互角以上の形)を求めて...
より良い形(互角以上の形)を求めて、相手の手に反発する。 (反発しなくても充分な形の場合は、無難に収める) お互い弱い石がないとヨセに入る。 (効率良く陣地を囲うには相手の石を攻める、自分...
単に黒地を守る手を選択すると、白か...
単に黒地を守る手を選択すると、白からどんどんヨせられる。 (守った手前外から打つ手に全部受ければならず、結果白地が増えて黒地が減る) 白石を攻める手を選択すると、結果的に得することが多い。 ...
二線の働きに気をつける。二...
二線の働きに気をつける。 二線の働き=眼形の確保、ヨセの大きい手 二線は壁(盤端)に近いので、ハネツギやアタリの具合にも気をつける。 ダメヅマリに注意する。 ダメが詰まる...
囲碁では石の生き死に(死活)が最も...
囲碁では石の生き死に(死活)が最も大切なことであり、取るか取られるかのコウも死活の一つである。 (死活=生き、死に、コウ) 囲碁は最終的に地合いで勝ち負けが決まりますが、 自分の陣...
攻めには段階があり、いずれも得をす...
攻めには段階があり、いずれも得をするために打つ。 最終段階:石を殺す 一歩手前:小さく活かす 二歩手前:封鎖して活かす 又は眼を奪って追いかけながら攻めを続行する ...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計229件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ