サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(12ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

囲碁は「石(碁)を囲う」ゲームです...
囲碁は「石(碁)を囲う」ゲームです。 「石を囲う(取る)」ことは、お互いに陣地を競い合う(守る)ための基本ルールになります。 お互いに陣地を確保しながら、アタリに気をつけて打ち進めて...
石の形に弱点がないと全局的に黒石が...
石の形に弱点がないと全局的に黒石が安定する。 形が良い=強い石=厚みなので、白がどう打ってきても強く戦えます。 囲碁において囲い合いと荒らし合いの価値は同じ。 荒らし合いのほう...
囲碁は石の強弱(死活)と形成判断の...
囲碁は石の強弱(死活)と形成判断のゲームである。 (形成判断と言っても絶対的なものではなく、棋風によって変わってきます) 厚みを活かすには ①厚みに相手の石を追いやって攻める ②幅を取っ...
序盤は弱点を作らず、左右を見合いに...
序盤は弱点を作らず、左右を見合いにして打つと良い。 (棋風にも拠りますが、挟んで攻めながら局面を動かして行くよりも、一間トビで受けて攻めと大場を見合いにされるほうが白としては困っています。...
囲碁は終局時に地が多いほうが勝ちな...
囲碁は終局時に地が多いほうが勝ちなので、序盤で地を稼ぐと後が打ちづらくなります。 (厚みを得た側が攻めたり、荒らしたりして取り返すことになるので) 序盤は特に石の強弱に注意する。 ...
二線、三線、四線で石の働きが違う。...
二線、三線、四線で石の働きが違う。 二線は盤端に近いのですぐに石を取れる。 そのため根拠を得やすい。 (ただし、地を囲うには効率が悪い) 三線は実利線と呼ばれていて、地を...
囲碁とは「石を囲めば取れる」という...
囲碁とは「石を囲めば取れる」というのが唯一のルールであり、それを利用してお互いに陣地を囲っていくゲームである。 (陣地を囲う=目的、石を囲う=手段) 陣地を囲う上で、お互いに話が合え...
カカリに対して一間に高く受ける手は...
カカリに対して一間に高く受ける手は、次に厳しく攻める手と大場を見合いにして有力な手である。 (ハサミだと厳しい反面、両ガカリから難しくなる意味がある) 白の辺への打ち込みは、封鎖して...
地を囲うとき最も効率の良い形は正方...
地を囲うとき最も効率の良い形は正方形である。 隅からの正方形が一番効率の良い形になります。 (しかし星の場合は三々で簡単に生きられてしまうので、辺から中央にかけての立体的模様を目指し...
「ツケ」は局面や石の強弱で意味が変...
「ツケ」は局面や石の強弱で意味が変わって来る。 ※ただしある程度強制力があり(次にハネる手が厳しいため) お互いが応手していく結果、お互いの石を固める手になることが多くなります。 ...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計226件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ