サイタ趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 レッスンノート

ナガァ布石講座レッスンノート(11ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

盤面が広い序盤では、なるべく可能性...
盤面が広い序盤では、なるべく可能性を残しておいたほうが良い。 (利き筋を決めないで保留しておく) ※利き筋=アタリやツケ、コスミツケなど相手が受けてくれる手 相手の弱点を狙って打ち進める...
囲碁は陣地を争うゲームであるが、そ...
囲碁は陣地を争うゲームであるが、それには常に石の取り合い(死活)が絡んで来る。 石を効率良く働かせるには、相手の石の断点を狙うのが良い。 (逆に断点を守ったり、むやみに断点を作らないのも好...
囲碁は死活を含みに地合いで勝負する...
囲碁は死活を含みに地合いで勝負するゲームである。 三々、小目の位置だと眼形がしっかりしていて、地を得やすい。 (その分勢力を広げるのは遅い) 星の位置だと勢力を広げやすい。 ...
囲碁は攻め(石を囲うこと)を利用し...
囲碁は攻め(石を囲うこと)を利用して陣地を囲うゲームである。 白が黒地を荒らせば(内側に入れば) 黒は厚み(外側への力)を得る。 白が地を得た分、黒は外勢を利用して白を攻める。 着手は...
接近戦での石のやりとりでは、ダメが...
接近戦での石のやりとりでは、ダメが詰まっているかどうかが重要である。 (石を直接的に取るにはダメを詰める必要があるので、お互いのダメヅマリには注意が必要) ダメヅマリを見て、手抜きできるかど...
棋力に関係なく囲碁では最善を求める...
棋力に関係なく囲碁では最善を求めることが大切です。 (同等の棋力または対等の置き石で打った場合、最善を尽くさないと負けてしまう) 石を取られまいと緩んで打っていると、地合いで勝てなく...
囲碁は「石(碁)を囲う」ゲームです...
囲碁は「石(碁)を囲う」ゲームです。 「石を囲う(取る)」ことは、お互いに陣地を競い合う(守る)ための基本ルールになります。 お互いに陣地を確保しながら、アタリに気をつけて打ち進めて...
石の形に弱点がないと全局的に黒石が...
石の形に弱点がないと全局的に黒石が安定する。 形が良い=強い石=厚みなので、白がどう打ってきても強く戦えます。 囲碁において囲い合いと荒らし合いの価値は同じ。 荒らし合いのほう...
囲碁は石の強弱(死活)と形成判断の...
囲碁は石の強弱(死活)と形成判断のゲームである。 (形成判断と言っても絶対的なものではなく、棋風によって変わってきます) 厚みを活かすには ①厚みに相手の石を追いやって攻める ②幅を取っ...
序盤は弱点を作らず、左右を見合いに...
序盤は弱点を作らず、左右を見合いにして打つと良い。 (棋風にも拠りますが、挟んで攻めながら局面を動かして行くよりも、一間トビで受けて攻めと大場を見合いにされるほうが白としては困っています。...

ナガァ布石講座のレッスンノート ・・・計222件

ナガァ布石講座 ページ先頭へ