サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 天元囲碁教室 スクールブログ 初心者にありが...

初心者にありがちなこと

レッスンが指導碁中心となり、いろいろな初心者の方と打っています。

一番多い質問が、「どこに打ったらよいかわからない」、というもの。

有段者の方からは異論が出るのは承知の上で申し上げるのなら、「どこを地にしたいのか、自分で方針を立ててみましょう。」と教えています。

例えば、中央を地にしたいのなら、中央を地になるように打つ、隅や辺を地にしたいのなら隅や辺になるように打つ。

初心者の手に多いのは「何となく打ってみた」という手が多いように思います。

これを気をつけることだけで、打ち方が飛躍的に向上し、上達すること請け合いです。

では、中央を地にするにはどう打ったらいいか?私のレッスンにてお話ししますので、是非質問してください。

 

(2015年12月19日(土) 21:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現在も全国優勝を目指して研鑽中!頭脳の格闘技の世界を楽しみませんか

新着記事

プロ棋士に囲碁が上達する方法を聴くと、「実戦」、「詰碁」、「棋譜並べ」の3つを答えることが多いそうです。 私のレッスンでも「指導対局」や「詰碁」を行ってきました。 そういう私が一番好きな勉強法は実は「棋譜並べ」でして、一番時間をかけているように思います。 指導対局をしていると...

諸事情により、休止しておりましたが、再開することといたしました。大変ご迷惑をおかけしました。 今月は詰碁だけのレッスンを行います。 アマチュアの大会ですと、40分から50分位の持ち時間が与えられ、それを使い切ると形勢の良し悪しを問わず時間切れ負けとなるケースが多いです。 そこ...

レッスンが指導碁中心となり、いろいろな初心者の方と打っています。 一番多い質問が、「どこに打ったらよいかわからない」、というもの。 有段者の方からは異論が出るのは承知の上で申し上げるのなら、「どこを地にしたいのか、自分で方針を立ててみましょう。」と教えています。 例えば、中央...

11月、12月は「たくさん打って強くなる」をテーマに置碁で指導対局を行い、その中で良かったところ、もう少し頑張ったほうが良いところをお話ししています。 指導対局ではコーチが棋譜を取り、それをもとに打ち碁を再現しながら、ポイントをお話ししています。棋譜はその場で差し上げています。 自...

初心者から初段を目指す方まで、実戦不足の方が多いのに気づきます。 前回のブログで決定版という本を紹介しました。また、このレベルの方ですと対局相手がいないという声も聴きます。 そこで、11月と12月は一年のまとめとして実戦のみのレッスンを行います。 もちろん私との対局はハンデ(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ