サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 天元囲碁教室 スクールブログ 初段を目指す入...

初段を目指す入門者にお勧めの一冊

コーチを長く務めているのですが、レッスンと次回のレッスンの間が長く、その間細かいことを教えてあげられない。また、レッスン中はその細部についての質問が多く、大きな流れを教えてあげられない。結果として上達が目に見えて進まない(進んでいるのですが、目に見えない)といった悩みを抱えておりました。

そこで、一つ自分がテキストを一つ決めてそれを中心に教えようという考えに至りました。

その本とは「みんなで楽しむ 碁の囲路把 (長尾芳明著 誠文堂新光社)」、です。

脱サラをして碁会所を始めた人の本で、最初は囲碁教室の教材として作成したものをまとめた本です。そこから院生(プロ棋士の養成機関)に進んだ人もいるということでレベルも折り紙つきです。

あまり、棋書を買わないようにしているのですが、この本は即買いしてしまいました。内容がわかりやすく画期的です。二段~三段になっても使えるバイブルとなりうる本です。

すでに私のレッスンを受けている人、またこれから私のレッスンを受けて見ようかと考えている人、この本をテキストにしますので、ご一読ください。

生徒さんは11月のレッスンからこの本をテキストとして使用しますので、購入するなり、図書館で借りるなりしてください。今まで取り組まれている詰碁の本はそのまま続けてマスターしてください。

このような本に巡り合えてよかったと本当に思っています。また、皆さんもそう感じると確信しています。

 

(2015年10月25日(日) 15:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現在も全国優勝を目指して研鑽中!頭脳の格闘技の世界を楽しみませんか

新着記事

プロ棋士に囲碁が上達する方法を聴くと、「実戦」、「詰碁」、「棋譜並べ」の3つを答えることが多いそうです。 私のレッスンでも「指導対局」や「詰碁」を行ってきました。 そういう私が一番好きな勉強法は実は「棋譜並べ」でして、一番時間をかけているように思います。 指導対局をしていると...

諸事情により、休止しておりましたが、再開することといたしました。大変ご迷惑をおかけしました。 今月は詰碁だけのレッスンを行います。 アマチュアの大会ですと、40分から50分位の持ち時間が与えられ、それを使い切ると形勢の良し悪しを問わず時間切れ負けとなるケースが多いです。 そこ...

レッスンが指導碁中心となり、いろいろな初心者の方と打っています。 一番多い質問が、「どこに打ったらよいかわからない」、というもの。 有段者の方からは異論が出るのは承知の上で申し上げるのなら、「どこを地にしたいのか、自分で方針を立ててみましょう。」と教えています。 例えば、中央...

11月、12月は「たくさん打って強くなる」をテーマに置碁で指導対局を行い、その中で良かったところ、もう少し頑張ったほうが良いところをお話ししています。 指導対局ではコーチが棋譜を取り、それをもとに打ち碁を再現しながら、ポイントをお話ししています。棋譜はその場で差し上げています。 自...

初心者から初段を目指す方まで、実戦不足の方が多いのに気づきます。 前回のブログで決定版という本を紹介しました。また、このレベルの方ですと対局相手がいないという声も聴きます。 そこで、11月と12月は一年のまとめとして実戦のみのレッスンを行います。 もちろん私との対局はハンデ(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ