全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 万年ヘボ碁から...

万年ヘボ碁からの脱出

安倍政権を支持している人にとって

最近(第三次安倍内閣)になって気になることが

いくつか出てきました。




そのうち、

今度の国連での演説で、

「難民」についての世界では理解しがたい

安倍さんの演説ではないでしょうか。


1000億円近い支援をする日本が、

なぜ難民を受け入れないのか、

そんな疑問がありましたが、

案の定、現地のプレスにインタビュウされて、


・・・

「ベトナム戦争の時は一万人以上受け入れた」

「それどころか、国内には女性の社会的登用など

問題が山積している」

と答えているため、

国の品格を落としてしまった。

これでは常任理事国入りなど

望むべくもないではないか。


せっかく先の安保法案で

すこしは世界の仲間入りができたというのに、

これでは、ヤッパリ!ということになってしまう。


アメリカも

人口が膨張し、GDPも伸長しているし、

この傾向はこのままあと四五十年は

続くと予測されている。


移民とか難民の受け入れは成長戦略にとって

一番効果的な手段であることは、

アメリカの例を引き合いに出す必要がないほど

常套手段であるからだ。


たしかに

移民や難民の受け入れによって

多くの社会的な問題が新しく発生する。

だから、国はそれらはやらない。


しかしそれは

若者が結婚しないとか

結婚しても子供を産まないとか、

というのと同じではないでしょうか。


目先のことだけをかんがえれば、

確かにひとりでいることにほうが、

理屈にかなっているし、


国は単一民族で金太郎飴国家の方が

運営しやすい。


大家族の方が効率的な昔とは違って、

今の時代は、ひとりでも生活できる。


それでは、社会や経済が衰退していくと、

国は今躍起になって対策を立てているところですね


子供が生まれればその分

社会的には犯罪などが増えるし、

家庭的には、育児などで「新たな問題が生まれる」。

これを忌避していると

保育所などが充実しても、少子化は止まらない。


国も移民や難民が増えると

「新たな問題が生まれる」。

といってこれを忌避し続けるならば、

アベノミックスでどんな手を打っても

満塁残留のままホームには帰れないに

ちがいない。


そんな国が、

出生率をあげよ、と叫ぶのは

「自分のことは棚に上げて、」

と言う謗りは免れないに違いない。


移民や難民が増えると

たくさん子供を産みたいという人たちも

増えて、「家族」という概念も多様化し、

この国は変わる。


充実した新しい富や価値を創出し

あたらしい国を作っていかなければならないときに

古くて新しい課題から逃げていては、

世界システムから外されていくに違いない。


さて囲碁は、

国家や家庭の運営と違い、

どんな棋力でも、その楽しさ(の量)は変わらないという

特徴があるようです。

しかし、棋力を上げて違った味の楽しみを楽しみたいという時には、

おなじ仲間や勝てる相手とだけで打っていては、

進歩しないかもしれません。

新しい挑戦こそが新老人の所以です。



 

(2015年10月3日(土) 12:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ