サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 誇大妄想

誇大妄想

*Illusion
(誰もが陥りそうな感覚上の思い違い)

Delusion
(個人の誤った思い込み)

イルージョン(illusion)は
日ごろ良く使いますね。
幻想とか錯覚、と習いました。

しかし、Delusionは日本語では使わない。

だいたい人間は、
自分の力を20%ほど過信すると
言われています。
これはみんなに当てはまる一種の錯覚ですね。

わたしたちの囲碁でも
同じ相手に10局中1~2局しか勝てなくても、
自分の方が弱いとは認めないものです。
これはIllusionですね。
先(せん)で打つのではなく、
2子(2目)おいて打つほうが、
囲碁プレーヤーとして、
クール(紳士的)かもしれません。

誰が見ても負けている碁を勝っている、
と思い込んで打ち進めていることがよくあります。
これはDelusionですね。

わたしたちにはよくある誤算ですが、
これは対局中に二三度目算して
形勢判断することで、かなり防げます。

This is it for now.




 

(2015年9月8日(火) 13:40)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ