サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 趣味を磨くのは...

趣味を磨くのはいつだって遅過ぎない!You can't learn any younger

知り合いのBさんは
退職してからは

会社時代のわずらわしい人間関係をいっさい避け
趣味に没頭して毎日をエンジョイしている。

会社人間を何十年も続けてきた多くのわたしたちは
退職しても昔の会社に顔を出し、
昔の仲間とゴルフや麻雀やカラオケ
をしたがる。

そしてそのあとの飲み会で
「今の経営では勝てないネ」
と陰口に興じる。

そしてなんどさそっても
仲間に入ってこない昔の同僚のことが
酒の肴になる、

欠席裁判ではどうしても
悪口のほうが興がのる。
それが人からひとに伝播して行くと、
いわゆる風評ができあがる。

Bさんは現役時代は
会社の戦略部門や調達・営業部門の改革などを通じ
業界や会社の今の繁栄を築いたいわゆるヤリテであった。
その分その存在を好まない関係者がすくなくない。
いずれにしてもBさんのことを知らない人はいまでもいないほど。

そのためBさんの風評は伝播力がすこぶる強い。
そしてその内容はかなり歪曲されたものになっている。

「あいつ(Bさんのこと)
アメリカに家を買って、なんでもよからぬこと
(反社会的なこと)をしているらしいね、・・・」

そんな話が私の耳に入ってきたので、
久しぶりにBさんに電話してみた。

   Bさん応えて曰く、

「いや退職してもいつまでも話題になるのは光栄だね。
最近俺が死んだという話もしているみたいだヨ!」

「立派な大学を出て
一流会社で偉くなった奴らも
(趣味がなく)(昔離れ)ができない奴らは
古い仲間と群がるしかないのはなんともさみしいことだね、

退職したら
精神的に貧しいにんげんは
ほんとにさみしくて惨めだね、」

「これから一人ずつ亡くなって行ったら、
そのあとどうするのかしらね!」

そういえばBさんの口癖はむかしから、

「自己研鑽できる趣味を持てるのは人間の特権、
そこには向上とか達成とか変化があるからね、
いつもワクワクできるものこそが、人生のほんとの価値かもね、・・・」



 

(2015年5月25日(月) 11:20)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ