サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 教養のすすめ ...

教養のすすめ ー 今求められているのはLiberal Arts

安倍首相の先の米議会演説について
米議会や、内外の識者やメディアから
好意的な反応やまえむきな評価が大勢を占めました。

内向きの日本が、
世界の安定や繁栄に貢献していくという宣言が
アメリカだけではなく多くの国々に歓迎されたのは
わたしたち日本人にとってたいへん感慨深いものでした。

日米の二国の視座でなく、
世界を強く意識した今回のスピーチは
戦後70年の日本の新たな再スタートを
強くコミットした内容だったとおもいました。

***

原文が英語か日本語か判然としませんが、
(常識的には原文は日本語でしょう)
「政府による日本語翻訳文」よりも英文の方が
演説文としてより自然な文章になっていた、
と感じたのは、私だけではないかもしれません。

英文のほうは和語的な響きが強く
きっと英語を母国語とする人が代読していたら
日本の高校生でも耳からきいてもすんなりわかるような
平易な文章でした。

とりわけ
たいへん微妙な内容を表現しようとするときには
その国の文化や宗教や政治に馴染みのある言葉を使わないと、
聴衆にはぴたっと心に響かないに違いありません。

そういう意味でも翻訳というのは、
縦の文字を横のそれに単に置き換えるという作業ではなく、
本当の国際的な教養が裏付けられていなければ本物とは
言えないかもしれません。

たとえば演説文中の
"I have lots of things to tell you.But I am here with no ability, nor intention,... to filibuster."
でのfilibusterはいうまでもなく、

"History is harsh. What is done cannot be undone.
With deep repentance in my heart, I stood there in silent prayers for some time."
でのrepentance、

”Post war, we started out on our path bearing in mind feelings of deep remorse over the war.”
でのremorse,

はそれぞれ政治用語や宗教色の強い言葉ゆえに
聴衆の心の奥深く届く文章になったに違いありません。

とりわけ西洋の宗教を布教するのが
世界でもいちばん難しいと言われている日本は
宗教や宗教用語に接する機会はたいへん少ないため、
英語で小説を読むときの障害になっているかもしれません。

"I am a great sinner, my poor child, and what makes my situation desperate is that I have never yet succeeded in repenting of my sins. I have lived a hazardous and worthless life, but I have read many books, ancient and modern, and I have leart many things which perhaps it would be for my soul's good if I did not know. Be of good heart, my dear, perhaps all may yet be well."

これは英国の文豪W.S.Maughamの最後の長編小説Catalinaの一文です。
平易な文章ですが、repenting という言葉に罪を背負った宗教者の
悲痛なざんげの気持ちが表れています。

世界のルールメーカになって世界を牽引していくためには、
なによりも世界にむけて教養に富んだ表現で
発信していかなければ多くの支持は望めません。

教養のすすめ ー 今求められているのはLiberal Arts

(2015年5月3日(日) 12:02)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ