全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ Most mi...

Most misfortunes have their compensations. 臆病な人生なんて!

William Somerset Maugham の The Narrow Cornerを
読んでいると主人公のDr.Saundersがいっしょに船旅に出かけた若い青年に
次のような人生論をぶっている場面に出くわします。

”I never had any sympathy with the ascetic attitude. The wise man combines the pleasures of the senses and the pleasures of the spirit in such a way as to increase the satisfaction he gets from both. The most valuable thing I have learnt from life is to regret nothing. Life is short, nature is hostile, and man is ridiculous, but oddly enough most misfortunes have their compensations and with a certain humour and a great deal of horse-sense one can make a fairly good job of what is after all a matter of very small consequence.”

(拙訳)

私は禁欲的な態度をとったことがありません。
賢い人は感覚から得られる喜びと、
精神から得られる喜びを組み合わせることによって、
両方の満足をふやそうとするものです。
私が人生から得た最も貴重な教えは、
なにがあっても後悔はしないということです。
人生は短いし、自然は思うようにはならない、それに人間はおろかです。
しかし、まったく奇妙なことですが、
失敗しても多くの場合見返りがあるものです。
それにまた、そこそこのユーモアをもちあわせ、
しっかり常識をわきまえておれば、
たいへんつまらないことをしていても、
ふりかえってみると結構うまくやっているものです。

「人間万事塞翁が馬」と言いますが、
南太平洋をこよなく愛した西洋の塞翁モーム(Maugham)も
臆病な人生はつまらぬではないか!と諭している、・・・

これは青年だけでなく、
むしろこれから何十年もある新老人にこそいえるセリフかもしれない。

(添付写真:伊豆の大室山)

Most misfortunes have their compensations.  臆病な人生なんて!

(2015年4月16日(木) 15:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ