サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ Most mi...

Most misfortunes have their compensations. 臆病な人生なんて!

William Somerset Maugham の The Narrow Cornerを
読んでいると主人公のDr.Saundersがいっしょに船旅に出かけた若い青年に
次のような人生論をぶっている場面に出くわします。

”I never had any sympathy with the ascetic attitude. The wise man combines the pleasures of the senses and the pleasures of the spirit in such a way as to increase the satisfaction he gets from both. The most valuable thing I have learnt from life is to regret nothing. Life is short, nature is hostile, and man is ridiculous, but oddly enough most misfortunes have their compensations and with a certain humour and a great deal of horse-sense one can make a fairly good job of what is after all a matter of very small consequence.”

(拙訳)

私は禁欲的な態度をとったことがありません。
賢い人は感覚から得られる喜びと、
精神から得られる喜びを組み合わせることによって、
両方の満足をふやそうとするものです。
私が人生から得た最も貴重な教えは、
なにがあっても後悔はしないということです。
人生は短いし、自然は思うようにはならない、それに人間はおろかです。
しかし、まったく奇妙なことですが、
失敗しても多くの場合見返りがあるものです。
それにまた、そこそこのユーモアをもちあわせ、
しっかり常識をわきまえておれば、
たいへんつまらないことをしていても、
ふりかえってみると結構うまくやっているものです。

「人間万事塞翁が馬」と言いますが、
南太平洋をこよなく愛した西洋の塞翁モーム(Maugham)も
臆病な人生はつまらぬではないか!と諭している、・・・

これは青年だけでなく、
むしろこれから何十年もある新老人にこそいえるセリフかもしれない。

(添付写真:伊豆の大室山)

Most misfortunes have their compensations.  臆病な人生なんて!

(2015年4月16日(木) 15:08)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ