サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 天元囲碁教室 スクールブログ 入門その後

入門その後

前に私の初心者時代の話を書きました。

今回は、ルールを覚えてから2級から初段までのころの話。

ルールを覚えてからは同じ初心者と対局だけをしていました。

2級と認定されたのは囲碁雑誌の紙上認定に応募して、棋力2級と返事が来たから。当時はシングルの級と認められてとてもうれしかった思い出があります。この時点で覚えてから4年たってました。

なぜ、4年もたってしまったか、というと一言で言えば「囲碁に対して真剣でなかった」ことだと思います。受験を控えていたので、それどころではなかった。言い訳がましいですが。

私の大会デビューは「全国高校選手権」の県予選。他の高校の囲碁部の生徒にボロボロ負かされました。また、私の高校の囲碁部はみんな2級くらいで強くなかった。顧問の物理の先生も同じくらい。このとき有段者の指導を受けておけばと後悔しています。

それから、囲碁が嫌いになって、社会人になるまで囲碁をすることなく学生時代を過ごしていました。

再び囲碁に目覚めるのは社会人になってから。プロの5段に星目で勝ち棋力初段と言われて、また囲碁を始めようと思いました。今度は会社の囲碁部で教材が会社にたくさんあったり、周りに高段者が多かったり環境は整っていました。

2級から初段までは8年くらいでしたが、実質半年。何もしなくとも棋力というのは落ちないものだな、と感じ入った次第です。

ここまでで、上達に必要なのは1.真剣に取り組む、2.短期間で集中して取り組む、3.本を読んだり、強い人に教えてもらうなどインプットをしっかりする、というのが自分の反省も含めて得た教訓です。

具体的な話は実際のレッスンでお話ししたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

(2015年3月11日(水) 19:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現在も全国優勝を目指して研鑽中!頭脳の格闘技の世界を楽しみませんか

新着記事

プロ棋士に囲碁が上達する方法を聴くと、「実戦」、「詰碁」、「棋譜並べ」の3つを答えることが多いそうです。 私のレッスンでも「指導対局」や「詰碁」を行ってきました。 そういう私が一番好きな勉強法は実は「棋譜並べ」でして、一番時間をかけているように思います。 指導対局をしていると...

諸事情により、休止しておりましたが、再開することといたしました。大変ご迷惑をおかけしました。 今月は詰碁だけのレッスンを行います。 アマチュアの大会ですと、40分から50分位の持ち時間が与えられ、それを使い切ると形勢の良し悪しを問わず時間切れ負けとなるケースが多いです。 そこ...

レッスンが指導碁中心となり、いろいろな初心者の方と打っています。 一番多い質問が、「どこに打ったらよいかわからない」、というもの。 有段者の方からは異論が出るのは承知の上で申し上げるのなら、「どこを地にしたいのか、自分で方針を立ててみましょう。」と教えています。 例えば、中央...

11月、12月は「たくさん打って強くなる」をテーマに置碁で指導対局を行い、その中で良かったところ、もう少し頑張ったほうが良いところをお話ししています。 指導対局ではコーチが棋譜を取り、それをもとに打ち碁を再現しながら、ポイントをお話ししています。棋譜はその場で差し上げています。 自...

初心者から初段を目指す方まで、実戦不足の方が多いのに気づきます。 前回のブログで決定版という本を紹介しました。また、このレベルの方ですと対局相手がいないという声も聴きます。 そこで、11月と12月は一年のまとめとして実戦のみのレッスンを行います。 もちろん私との対局はハンデ(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ