サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 新老人の、Do...

新老人の、Don'ts その一

振り込め詐欺撲滅運動に
これほどおおがかりに取り組んでいるわたしたち日本で、

多額の一万円紙幣(ぶ厚い札束)を、
銀行の窓口カウンター越しに手渡しているのをよく見かけます。
振り込め詐欺撲滅運動の重要な当事者のひとりである銀行の窓口で、
こんなことが常態化している。

窓口カウンターは誰でもが自由に行き来できる空間。
これではその気がない善良な人でも魔がさして、
思わぬひったくり事件を引き起こしてしまう、
ということになりかねない。

誘発されたものは刑務所に行き、
誘発したほうは病院に行く、
これでは実際、どちらがほんとの加害者で、
どちらが被害者かわからなくなりますね。

いずれにせよ、
事件は原因を作った側にも
相当の落ち度があると思うような社会でないと、
事件は未然に防げないし、
社会コストは、ますます膨れ上がる社会になってしまう。

札束を持ち歩くのも問題だし、
高級そうなバッグをさげて歩くのも、要注意ですね。
若者がプレミアムのついたスニーカーを履いて歩くのと同じで、

あなたは尾行され、後ろから強打される、・・・

金融機関などの第三者だけでなく、
個々人が不要な事件を誘発しないという社会こそが、
安全な社会といえるのかもしれない。

もちろん電子カードや電子商取引などのキャッシュレス制度は、
もっともっと老人の間に普及させていくことが、
一番現実的な解決方法かもしれない。
しかし、いずれにしても、当事者のわたしたち一人ひとりが
自分の身はまず自分で守るという習慣を身につけないかぎり、
事件はこれから増え続けることになるにちがいない。

新しい老人は、

まずキャッシュを持ち歩かない、

そんな習慣を身につけましょう!

(続)

 

(2015年2月3日(火) 16:28)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

ブログ記事 ページ先頭へ