全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 「格差」は「差...

「格差」は「差別」が原因かも!

わたしたちの長所は多くの短所の陰に隠れて
見えていないだけかもしれない。

それは探す人の目がどちらを見ているかによって
見えたり見えなかったりする。

たとえば会社は社員の長所によってよくなっていく、とすれば、
長所を見つけ出しそれを伸ばす努力をするべきでしょう。
であれば、長所を持った社員の短所をあげつらい、
せっかくの長所を失うのは愚の骨頂といえるかも知れない。

誰でもいいところもあれば、いけないところもある。
ですから減点主義を排除して、みんなで長所だけ見つけ出し、
それを育てるようにする社会をつくっていくようにすれば、
その社会や会社は、レベルアップするに違いない。

今年もダボスで会議があった。
やっぱり「格差」(inequality)の問題も論じられた。
トマ・ピケッティも言及された。
しかし格差はいつも資本主義経済が原因ではなく、
社会や教育がうみだした「差別社会」が原因かもしれない。

あの人はよくできる、
この人は欠点だらけだ、

そんな評価の仕方こそが
格差の元凶かもしれない。

子供は学校に行く頃から評価のラベルを貼られる。
それがいつか社会の差別をそして格差をうむことになる。

そうだとすれば、やっぱりスポーツ競技のように
長所だけで切磋琢磨する社会が、生き残るのかもしれない。

囲碁のプロの方々の多くは
ほかの業界とくらべると「低学歴」というのが現状のようですが、
「高学力」と言える教養に富んだ方々がたくさんいらっしゃるようです。
学校で学ぶ以上のことを得意な囲碁を通じて、勉強してこられているにちがいない。
それは彼らが著した書物を読んだり、
テレビなんかでの解説やトークを聞いただけでだれにでもすぐにわかる。

かれらは自分の長所を重点的に伸ばすことによって
わたしたち誰もが持っているおおくの短所を克服していったに違いない。

それは総花的に展開される画一的な学校での授業が、
教育の唯一の方法ではないことを示しているように思えます。

「格差」は「差別」が原因かも!

(2015年1月31日(土) 12:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ