全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ きょうKei ...

きょうKei 錦織、みましたか!

きょう全豪オープン男子シングルスで、

4強にむけて死闘を繰り広げた錦織だったが、
ついにStan Wawrinkaに敗れてしまいました。

それにしてもテニスの世界でも日本人の最近の躍進は素晴らしいですね。

ところでテニスも囲碁とよく似たところがあって
観ていると大変参考になりますね。

一対一で戦う、
交互に打つ、

という以外に

ひとつに、unforced errorというエラーがあります。

こちらに有利な場所でミスってしまう、というのは
わたしたちの囲碁でも、しょっちゅうあります。

決めることのできる確率が高い球を
ミスってしまう、
勝てる碁を、負けにいってしまう。

この反対が
forced error.

これは文字通り、
相手のよいショットにミスを誘われておかすミスですね。
置碁では特に上手は相手のミスを誘わなければ、
なかなか勝てない。

勝負の世界では、
あいてのunforced errorではなく
forced errorで勝てるようにならないと、
上にはいけない、

もちろんボールをまったく触らせてもらえないまま、
負けてしまうこともありますが、
こんなwinnerで負けたら、頭にきますよね。

しかし、なんといっても
テニスも囲碁も、

勝負するときは果敢に勝負に出るけれども、
劣勢でもおちついてチャンスを待ち、
勝勢でも勝ちを焦らず、ゆっくり勝つ

という勝負師根性と
鍛えられたつよい精神力が伴わなければ
どんな技術も死んでしまうという点では、

同じかもしれません。

きょうKei 錦織、みましたか!

(2015年1月28日(水) 16:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ