サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 削除や消去は、...

削除や消去は、再スタートの条件

断捨離こそ、

そうですね
断捨離こそ、新しい新老人の世界に踏み込む条件かもしれません。

もの覚えがわるくなった?

そんなわけはない!

しかしもしそうだとすれば、
はあて、その原因は?

きっとホンキで覚えようとしていないからかもしれません。

あるいは、覚えるほどの値打ちがないと思っているからでしょう。

もしそれを否定なさるのであれば、

あなたはいろいろいままで欲張って
あれもこれもと使いもしない知識を
食い散らかしてきたからではないでしょうか。

きっとそれであなたの記憶の倉庫が、いっぱいになったからでしょう。

限りあるあなたの脳の容量(キャパ)を最大化するためには、
まず、知識のタナオロシ(棚卸=インヴェントリ)をする必要があります。
新老人をはじめたあたは今その時期に来ているかもしれません。

昔の記憶のなかに、しばらく使っていない記憶がけっこうあるはず、
それをどんどん消し去れば、容量はひやくてきに増えるはず。

Aさんの容量は100で、Bさんのそれは70かもしれません。

これは生まれた時に神様によって決められている。
しかし70を100%使うか、100を50%使うかは、
本人次第ではないですか。
運命とその運用はコインの表と裏の関係ですね。

いくら持っているかよりも、
それをどうつかうかが、人生の醍醐味かもしれません。

メタボというのは
新陳代謝を活性化すること、

ですから手法は、・・・

そうなんですね、早く古いものを捨て
そして新しいものとさっさと入れ替える、

そんな発想をすれば、

脳はその瞬間から忙しくなって、
いつでもなんでも受け入れてくれるようになり、
欲しい知識はいくらでも蓄えられるようになる。

いますぐ
古いものを捨てて、新しいもものと入れ替えませんか。

***

囲碁でも

中盤に入る前後になんどか全体を見渡し、
さあて何をすて何を活かすかという判断を
迫られますね。

新老人の脳は、
いまそんなキロ(a milestone=岐路)に差し掛かっているかもしれません、
そうですね、物忘れは朝の目覚まし時計と同じで、

あなたの新しい朝を告げる、オンドリかもしれません、

そうですね さあ おはよう、Wake up!

(続)

 

(2015年1月15日(木) 18:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・入間市・...

ブログ記事 ページ先頭へ