サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 音楽も囲碁も、...

音楽も囲碁も、宇宙的な時間芸術ですね!

囲碁は何時間でも没頭できるのに、・・・


昔現役で仕事していた時は
音楽は週末とか、夜の就寝時とか、
そして通勤の移動時に時間を惜しんで聞いたものだけれど
近年、気がちって、なかなか最後まで集中してきけない。

きっとルーティーンの仕事がなくなった代わりに
やりたいことがいっぱいできてきたせいかも知れないが、
あれほど毎日集中してきいた音楽が、
いまは何かをしながらでないと聞くことはなくなった。

ところがきのうは二曲、ひと呼吸もおかず聴くことになった。

一曲目はクラッシック音楽の定番のひとつ
チャイコフスキのピアノコンチェルト第一番、
これは中学の音楽の時間に最初にきかせれたクラッシック音楽だった。
高校で、同じクラスの女友だちが貸してくれたLPは
最初に家のプレーヤで再生してきいた音楽で、
それがこのコンチェルトだった。
もう一面は、メンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトだった。

そんなことを思い出しながらききだしたわけだけれども、
これが昔きいたあの曲なのかと、
このピアノのただならぬ強烈でユニークな解釈に打ちのめされた。

そんなわけで時間をおかず同じピアニストの
ラフマニノフのコンチェルト第三番をきいてみた。
この曲もなんどもきいたおなじみの曲だったのに、
やはり、初めてきくような新鮮さがいっぱいだった。

二曲ともライブ録音で臨場感たっぷりだった。
とりわけラフマニノフのほうは、以下のとおり野外演奏だったけれども
この曲は演奏技術が難しいことで有名なため、どんな演奏になるのか
聴衆はみんな固唾を飲んで聞き入っているように見えた。
が、はたしてウラディミール・ホロヴィッツも顔負けするような、
見事な響きであった。

小さな両手の十本の指が鍵盤の上いっぱいに走り回るさまは
あたかも十人のピアニストがピアノの上で踊っているような
そんな一体感を醸し出していた。

Pianist: Yuja Wang
Conductor: Xian Zhang
Orchestra: Saechsische Staatskapelle Dresden
@ Festival de Musique Classique


*****

囲碁もわたしたちアマチュアでも、
碁盤をいっぱいに使う神秘的なプレーを見ていると
宇宙的な響きがきこえてくるかもしれませんね。




音楽も囲碁も、宇宙的な時間芸術ですね!

(2014年11月6日(木) 11:46)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

ブログ記事 ページ先頭へ