サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 勝ちを急がない...

勝ちを急がない、・・・ NISAのススメ

NISAは年間100万円までの範囲で購入した株式や投資信託から得た
配当とか値上がり益に対する税金は、免除される、・・・

そんな触れ込みで今年度から開始されましたね。

これは、かりに100万円投資して10万円の利益が出た場合
その20%の税金つまり2万円がそっくり免除される、というもの。

これを大きいとみるか小さいとみるかは
人それぞれであるけれども、

NISAは、

株式投資というものは目先の利益を負うものではなく、
長い目でゆっくり、資産を増やしていく有効な手段として施行されましたので、
とくに若いサラリーマンに魅力があるかもしれません。

アメリカなどでは
中学に入ると、社会・経済の授業で
株式の意味から新聞の株式欄の見方まで
詳しく教えます。

しかし株式を、日本のようにアブナイもの、キタナイものとして敬遠していては
資本主義の健全な発展は望めない、ということをわたしたちだれでも知っているのに、
日本では、「株式」会社に勤めているサラリーマンでも
自社の株式にさえ興味がないひとは少なくありません。

たしかに一日に同じ株式の売買を繰り返すような
デイ・トレーダーに代表される投資方法は、
投機であり、賭け事であり、アブナイしキタナイと揶揄されるかもしれません。

しかし、わたしたち個人が余裕資金の範囲で
将来有望な銘柄をしっかり見極め
長い目で投資し、資産を増やしていく行為は
立派な社会活動への参加であり、広い意味での生産活動につながることは、
みんなの知っているとおりですね。

NISAを通じ
日本の株式市場が内外の投資家をたくさん呼び込むことにつながれば
日本や日本人も変わっていくかもしれません。

そこで、
囲碁でも

「碁盤を大きく使う」
「碁盤を広くみる」
「囲碁をゆっくり打つ」

「慌てて勝ちを急がない」
「部分・局所にこだわらない」

等々、
目先の利益にこだわっていては
上達しないことを教えていますね。






勝ちを急がない、・・・ NISAのススメ

(2014年11月3日(月) 11:39)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

ブログ記事 ページ先頭へ