サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 水が張っていな...

水が張っていないプールで、水泳をならってもいつまでも泳げません

日本の英語力はアジアで最低レベル、・・・
近年しばしば耳にする。
日本人の「英語アレルギー」に対し
文科省の「英語教育改革実施計画」を受けて
有識者が処方箋を取りまとめている。
曰く、
英語の授業を小学3年から始める、
とにかく会話、文法は後回し、
英語が苦手な子供にも配慮した授業を心がける、等々

戦後の英語教育は間違っていたとよく言われる。
しかし現役の役人や政治家あるいは
会社の経営者や学者はみなこの教育を受け
今日の日本を引っ張ってきた。
彼らのおくは有名大学をでた人たちだ。
そこでは英語は受験の必須科目であるばかりでなく
特に私大の受験では、受験必須三科目のひとつであるほど
英語が重視されている(きた)。
彼らの多くは卒業後も英語に関心を持ちあるいは
英語の勉強を続けToeicなどで900点以上を取っている人も少なくない。
しかし指摘されているとおり
その多くは聞けない、話せない、読めない、書けない、・・・!
なぜなのか?
ひとつ
日本は島国文化が根強く
未だに外国や外国人や外国産品や外国の制度や習慣
に対して排他的なこともあって、
公私において日常的に英語をひつようとする環境がないこと、
また同様、Toeicなどの世界に通じる試験で高得点をとっても、
そのために勉強した英語はそれが目的化しているため
実際本番では使い物にはならない例は珍しくなく、実際
小説も翻訳ものしか読んだことがなく、
現文(原書)で読んだこともない、
(そのため逆にToeicのような客観的なお墨付きが必要になっている)

教育の手法では、
「イギリスでは子供でもしゃべっている」
のでそれに似た方法で教育すれば実が上がる、
と考えている。
つまり外国語をマスターするのは難しいことではなく
教育方法を「改革」すればすむと、考えていること、

等々、おしなべて言えば
英語という学問をマスターしようとすれば
それなりの厳しい努力が必要だとおもわれるのに
小手先で片付けようとしているのではないか!
という懸念が拭い消えれない。

ようく考えてみましょう・・・、

人間は環境の動物。
必要は発明の母。

つまり、
国やマーケットを広く外国に開くこと、
図書室や図書館には英語の雑誌や小説や絵本をたくさん置くこと、
テレビも視聴者に媚を売るような番組ばかりでなく
家ではCNNとかBBCとかABCも聞く、
また、
子供や学生には英語圏の外国人と
文通(e-mail,blog,twitter etc)できる
SSNを開発・普及させる、・・・

つまり
英語を勉強したくなる環境を作る事に尽きるようですね。
子供時代算数ができなかった大人はたくさんいますね、
しかしおおきくなって算数ができない人はいません。
生きていくために身についたものこそが使い物になる。
長い人生の中で10年そこそこしかしなかった勉強が、
そしてその間もそれ以降も使うことがない英語が、
どうして自分のものになるのか、みんなで考えたい。

カエルは、
オタマジャクシの時代から
水の中でスイミングをおおぼえた。

水が張っていないプールで
「カエルでも泳げる」といって
スイミングを教えていてはいつまでも身につかない道理。
鶏でも、庭で生まれ育ったら「飛べ」ない。

さらにもうひとつ大事なことは
母国語(文字)を獲得していない幼児の頃に教える英語と、
母国語を話すようになってから教える外国語は
まったく二つの異なった対象だということに早く気がつかないと、
いずれにしても、世界から孤立してしまう、・・・

そんな理由から言えば、
日本の英語教育は、文科省だけでなく
外国との交渉が多い通商産業省や外務省や防衛省などの管轄下に
その役割の一つを置くべきかもしれません。


*****

囲碁も外国語と同じようにマスターしようと思えば
それなりの環境と決意が必要かもしれません。


了

水が張っていないプールで、水泳をならってもいつまでも泳げません

(2014年10月31日(金) 10:49)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ