全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 少数意見(マイ...

少数意見(マイナーな異論)こそ成長の鍵 ー あなたの「非定石」は定石になるかも

最近の20代前後の棋士の対局を見ていますと、
非常識な「非定石」ともいえる石を打っていますね。

それがこれからの棋界を成長させるエンジンになるのでしょう。
これは、インターネット対局などを通じて、
囲碁が世界化していく過程で起こるたいへん大事な現象だと思われます。

囲碁に限らず若い指導者で構成されている業界はぜったい
有望でしょうね。

***

21世紀は地球の世界化がスタートし
急速に今までの世界が大きく変化していく世紀だというのは、
15年あまり経過した今日、わたしたちみんなが知っているところですね。

さまざまな違ったものがまざり合い、溶け合うことによって
新しいよりより高い価値を創造していくそんな大変化を
経験する歴史的な時代を迎えました。

そして日本はあたかもそんな時代に、
人口減少・少子化という国勢をおおきく左右する国難を背負っています。

アベノミックスはこの世界的・国内的な状況に立ち向かうべく
積極果敢な政策を矢継ぎ早に打ち出しました。

なかでも「成長戦略」は、他の目標を実現するための
要となる政策で、これなくしては国は豊かになることはなく
国民が幸せになることもできない。

経済はしかしいくら行政府が立派なアイディアを唱えても
それを推進する事業者がそれに呼応するのでなければ、
空回りに終わります。

日本はこれまで単一で均質な発想によって
戦後の復興を効率よく成功させてはきました。
それは今の中国の一党独裁による効率的な政治経済手法をみると
よく分かることです。ムダのないアジルな経営でした。

しかし、異質・異種・異色という多様性(ダイバァーシティ)を前提とした
21世紀の世界観では、そのような成功方程式はまったく通用しない。

「世界のあらゆる価値観を受け容れる。」
それが成長の、条件ですね。

そこで気になるのが、
事業者つまり会社の動きです。

会社が、外国人労働者を受け入れ
行政府がそれを後押しする。
そんな構造ができあがりさえすれば、
多くのわたしたちの国が抱えている大きな問題は解決すると思われます。
ではなぜ事業者はそんなわかりきった手法を導入しようとしないのでしょうか。
まったく不思議ですね。

ひとつの象徴的な例が、「観光立国」の施策でしょうか。
すなわち「外国人旅行者2000万人~3000万人」構想です。

政府がいくら笛を吹いても
だれも踊らないとしたら、
これは画餅です。

大手の日本を代表する旅行会社が
日本の本社で多様な外国人労働者を採用し
かれらに既存の「外人旅行事業本部」(外国人旅行者を誘致する部門)を
立て直させ、運営を任せてしまうとどうなるでしょうか、・・・

3000万人目標はあっという間に達成するし
そして、いつのまにかそんなことよりも
日本の労働人口は急増すると思われます。

One hand washes the other!

しかし、その前にこんな企画は社内で潰されてしまうかもわからない?
そうなんですね。
新卒者採用を伝統的に続けてきた多くの企業では
「中途採用者」さえいまだに組織の中で中心的存在になれないのに、
いったいわざわざ外国人を雇って
わけのわからないかれらの突拍子もない「異論」に耳を傾けようとするでしょうか?

「異論」こそが「成長戦略」のエンジンであるのに
それを受容しようとしない。
このままでは、「成長戦略」が逆にアベノミックスを
潰すことになかねない。

***

角界とか棋界ではしかし、
「意外?」とウインブルドン現象が始まっているように思えます。
そこでも確かにたくさんの問題を抱えていますが、
そこでは外国人プレーヤーが業界におおきな影響力を持っていることは
確かなようです。

東京のブラジル大使館がその庭や館員食堂を一般の日本人通行人に
開放し、朝の食事をタダで提供している。

棋界や角界も各国の大使館職員などを招待し定期的なパーティを開くというような
企画を始めるなど、如何?
「成長」は現場の主人公不在では、何一つうまくいかないと思います。

みなさんの学校や会社は、
いまダイバーシティというものについては、
どうでしょうか。

 

(2014年8月12日(火) 12:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ