全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 棋力は、リスク...

棋力は、リスクの許容範囲に比例する

最近の囲碁の特徴は
戦い方がグローバル化してきた
といってもいいかもしれませんね。

今の時代は日本棋院だけでなく
韓国、中国の対局もリアルタイムで見ることもできるし、
ネット碁で、世界の誰とでも対局できる。

つまりユビキタスなインターネットの普及によって、
その国の伝統的なあるいはローカルな戦い方が
急速にひとつの戦い方に世界統合(integrate)されつつある
と言えそうです。

囲碁が今ひとつの進化の過程に入ったという意味で
囲碁の発展にとって大変歴史的な変化だと
言えるかもしれません。

具体的には、・・・
「リスク」(risk)の概念が入ってきた
ということではなでしょうか。

勝利=棋力+risk
という発想がなければ勝てなくなってきた。

つまり
一歩手前で安易に退く(ひく)ということはしない。
読みきれないからといって、妥協した手は打たない。

読みきれず思考停止の結果
危険を冒さないという姿勢は、もう通用しない。

棋力とriskは正比例するわけですから
強い人ほど高いriskが取れる。
それにもかかわらずriskを取らないという
submissive, yieldingな打ち方は
もう世界では通用しない。

  ***

ビジネスの世界では
riskを儲け(revenue)と考えますね。
販売価格は商品(価格)+risk(儲け)。
すなわち商品が優れていればいるほどriskを高くとって
マーケットで戦うことができる、というのが
グローバルなマーケットでのサバイバル戦略ですね。


しかしわたしたち棋力の低いアマチュアは
高いriskを取るべきではないかもしれません。

曰く:

He that hath wife and children hath given hostages to fortune; for they are impediments to great enterprises, either of virtue or mischief.
妻子あるものは、運命に人質を取られたようなもの》「子は三界の首枷 (くびかせ)」

 

(2014年8月2日(土) 10:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・入間市・...

ブログ記事 ページ先頭へ