全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 囲碁の効能 ー...

囲碁の効能 ー なんの役に立つの (その5)

⑧ 失敗から立ち直る力(失敗から学ぶ力) ・・・ 4~5

大きなタイトルを独り占めしている井山天才でも
全戦全勝はできません。
否、全戦全勝できないからタイトルが防戦できるのでしょう。

10対局で1敗する。
この1敗がないといずれ負け越す。
全戦全勝が続くと、早晩頂点から転げ落ちる日が来る。
戦いとか、優劣というのはいうまでもなく相対的なものですね。
1敗する機会がなくなったり、
あるいは偶に負ける相手がいなくなったら、
進歩はそこで止まってしまい、新しい台頭に
道を譲ってしまうことになる。

歴史や人間は失敗から学び、
発展してきました:

成長とは、負けることによって生まれるとすれば、
負けない限り勝てないというパラドックスが成立しますね。

井山秀才はむしろたくさん負けてきたから、強くなったのでしょう。

たくさん負けたのになぜ強くなったのでしょうか。
それは、負けた時の悔しさが、バネになったからに違いありません。

しかしわたしたち凡人は
よく負けるのになぜ強くならないのですかネ!



以下はコピペ(秋元康さんの記事)を編集した一節です。

「古今東西、
全戦全勝で生きのびた種族や国家は、ない。
要は、人生、勝ち越せばいいのです!」

以下次号へ

9.駆け引き・交渉力
10.形や空間の認識力と大局観を形成する力
11.形勢判断
12.バランスよく脳を鍛える総合力

 

(2014年7月7日(月) 7:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・入間市・...

ブログ記事 ページ先頭へ