全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室京都 楽しく学ぶ囲碁講座 スクールブログ プチ囲碁講座 ...

プチ囲碁講座 Part4 『石の取り方 ゲタ編』

皆さんどうもです。

前回の時から日が空いてしまってすみません。

今回は前回のシチョウと少し関係します。


というわけで、本題へ。
前回、ちょっとしたクイズを出しました。
△の白石を黒1と当てて、シチョウの要領でアテてアテてと行きます。


すると、白22までで、左下の白△の石に繋がってしまいました。これでは失敗です。

ちなみに、この時の左下の白△のことを「シチョウアタリ」というように呼びます。


そこで「ゲタ」の登場です。

参考図のように、黒1と、少し離して打つのが「ゲタ」と言われる手筋です。

シチョウが直接的に追いかける手筋ならば、ゲタは待ち伏せして相手の石を取る感じです。

では、この続きがどうなるかというと、3つ目の参考図のようになります。
白が2,4と逃げ出そうとしても、黒3,5と出口を塞いでしまえば、白を取ることができます。


以上で簡単に「ゲタ」についての説明を終わります。

次回はまた別の石の取り方について紹介していきます。

プチ囲碁講座 Part4 『石の取り方 ゲタ編』プチ囲碁講座 Part4 『石の取り方 ゲタ編』プチ囲碁講座 Part4 『石の取り方 ゲタ編』

(2014年2月21日(金) 4:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大会出場、お子様への指導歴も。おおまかなルールからわかりやすくレッスン

楽しく学ぶ囲碁講座
村井佑輔 (囲碁)

京都・京橋・六地蔵・桃山御陵前・三条・河原町/四条・樟葉・枚方市・寝屋川市・守口市・...

ブログ記事 ページ先頭へ