サイタ趣味の習い事囲碁教室大阪 楽しく学ぶ囲碁講座 スクールブログ プロ棋士 vs...

プロ棋士 vs コンピューター

今回はプチ囲碁講座ではなくて、この話題を少し紹介しとこうかなと。


知っている方もいるかもしれませんが、先日とある企画でプロ棋士とコンピューターによる対局が行われました。

プロの先生からは、張豊猷(ちょうりゆう)八段と平田智也三段が参戦。

一方、コンピューターは世界最強の囲碁ソフトと言われる「Zen」がプロ棋士に挑みました。


対局は9路盤による、三番勝負で行われました。

なぜ19路盤ではないのかというと、19路盤だとコンピューターの処理能力が追いつかいないそうで、9路盤になったみたいです。
ちなみに、チェスと将棋の考えられる初手の数と比べると、チェスは20通り、将棋は30通りに対し、囲碁は361通りあります。
このこともまだプロ相手にコンピューターが19路盤で戦えない要因とも言われています。


結果はと言いますと、プロの先生方が2連勝という結果でした。

とはいえプロの方々からは、「小さい碁盤ではほぼ互角」との声もありました。


というわけで、今回はプロの先生方の圧勝という形になりました。

こういう企画は面白いので、また次もやってほしいですね。(将棋はやってますが)

今回はこの辺で。
講座の続きもなるべく早く書きたいと思います。

 

(2014年2月12日(水) 21:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大会出場、お子様への指導歴も。おおまかなルールからわかりやすくレッスン

新着記事

皆さんお久しぶりになってすみません。 気を取り直して、続きを書いていこうと思います。 というわけで、今回説明していくのは「オイオトシ」という手筋。 今回も例のごとく、参考図を使って説明していきます。 ではまずは、1つ目の参考図 ×印の白石がアタリに...

日曜日に、宝酒造杯の京都大会の四段戦に出場してきました。 この大会に出るのは2回目で、前回に出た時は三段戦で4勝1敗という成績でした。 今回は四段戦ということで、どうなるかなぁと思ってましたが、結果的には3勝2敗という成績でした。 まぁ、1回戦でかなり自分に腹が立つ負...

皆さんどうもです。 前回の時から日が空いてしまってすみません。 今回は前回のシチョウと少し関係します。 というわけで、本題へ。 前回、ちょっとしたクイズを出しました。 △の白石を黒1と当てて、シチョウの要領でアテてアテてと行きます。 すると、白22までで、左...

今回はプチ囲碁講座ではなくて、この話題を少し紹介しとこうかなと。 知っている方もいるかもしれませんが、先日とある企画でプロ棋士とコンピューターによる対局が行われました。 プロの先生からは、張豊猷(ちょうりゆう)八段と平田智也三段が参戦。 一方、コンピューターは世界最強の囲...

皆さんどうもです。 前回までは囲碁のルールを知っていただきました。 今回からは、石の取り方について何回かに分けてまた紹介していきます。 そして今回紹介するのは「シチョウ」です! なにはともあれ、まずは参考図から見ていきましょう。 最初の参考図は黒1と白をアタリにしたと...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ