全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ ゲームは感性の...

ゲームは感性の戦い

「情報の非対称性」という
経済用語がありますね。

商売(経済取引)は
いうまでもなく、
この「情報の非対称性」のうえに
成り立っています。

取引には
売り手と買い手がいますが、
この両者は

「情報とか知職とか技術」
ひいては組織や設備など
の数量・規模が、
売り手に多く(大きく)、
買い手に少ない(小さい)

という関係にありますね。

この説明には、
顕著な例として
学校(教育産業)とか病院(医療産業)が
よくもちだされます。

この十五年ぐらいまえから
急速に発展を遂げたIT技術によって、
情報とか知識は、
一部の専門家だけのものでなく
広くだれにでも手に入るようになりました。

つまり、
情報や知識は占有から共有へ
という変化は
ビジネスのやり方を大きく変化させる
ことになりました。
今では、みんな知っているとおりですね。

そのためたとえば、
大学は、
知識や情報を一方的に学生に
与えるだけでなく、
先生もまじえてみんなで
議論し、研究し、
その結果を発表・評価するという
双方向性を重視する方向に
舵を切り始めました。

医療の現場も
病院やクリニックが
聴診器と白衣と処方箋
だけで成り立つ時代は終わり、
何千万円もする日々高度化する医療器械を
次々に導入するようになりました。

つまり、
診療から検査(予防)へ、
情報や知識から設備へとおおきく
方向変換を迫られている
と言えるかもしれません。

* * *

さて囲碁の
プロとアマの棋力の差は
どうでしょう。

昔から
囲碁は、アマはプロには
絶対勝てないゲームの筆頭格でした。
そして上述の「情報の非対称性」は
囲碁界をも直撃しましたけれども、
依然として、この傾向は変わりそうにない。
なぜでしょうか。

アマとプロの棋力の差は
それぞれが向上しつつも、
縮まっていくという気配はない。
どちらかといえば、
プロの棋力の進化のスピードのほうが
よりはやいのではないかと
おもわれるほどです。

これはなぜか!

同じことが、
プロの内部でも言えそうです。

井山の昨今の強さは
他を圧倒していますね。
これはどう説明するのか。

情報や技術の非対称が
急速に解消されても、
プロとアマあるいは
井山とほかのプロ棋士たちの
棋力の差が縮まろうとしないのは、
なぜなのか。

ゲームやスポーツや芸術の世界では

情報や知識や技術を磨くだけでは
勝てない。
他を圧倒する力は
最終的には感性の差ではないか。
これらの世界は、
「(感性)の非対称性」に
支配されている世界だと
いえるのでしょう。

情報や知識や技術は
あくまでも手段。
これを駆使するのが感性だとすれば、
感性が優れていなければ、
道具は役にたたない。

* * *

きょうのスペインから始まる
天才井山vs山下九段の棋聖戦は
棋界の最高の感性のぶつかりあい
ということでしょうか。

ゲームは感性の戦い

(2014年1月12日(日) 12:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ