サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 囲碁の専門誌「...

囲碁の専門誌「Go.ics」はだれがつくるの!

囲碁を
一般の科学として捉える。
だから
棋界だけでなく
一般学術界からの知性の参加を募集する。
物理とか、音楽とか、医学とか、政治とか ・・・・・

そこでは、囲碁を「英語で研究する」。

そんな学問にしたら囲碁は
棋界だけのクローズドな世界ではなく、
世界の知性がひろくが集まる学問の場となるにがいない。

大きな不滅の人類の遺産として、
後世に受け伝えられていくためには、
オープンなコロッシアムで
鍛錬されていなければならない。

物理学会界で言う
「サイエンス誌」とか、
「ネイチャー誌」
を囲碁の世界にも導入する。

   どうですか、!!!

囲碁を科学としてその世界化をおしすすめる。

世界的囲碁誌
たとえば「GO.ics」(仮称)を
世界の囲碁の知見のあつまる場所にする。

世界各国からの論文とか、
新しい定石の発見を集約する。
もちろん、世界戦とかの大きな対局は
ここでも披露する。

そこには必然的に
多くのスポンサーが
世界中からあつまる。


囲碁はまだ生まれて日が浅い!

囲碁の歴史が、
三千年とか四千年とかといっても、
ずっとずっと向こうの未来から見たら
それはまだ昨日生まれたばかりの
人類の小さなちいさな幼稚な知性かもしれない。


そのためには、
この「GO.ics]誌の役割に期待するところが
大きいと思いますけれれども

さあ、如何!
囲碁の将来を
大局的な視座で語りませんか!




囲碁の専門誌「Go.ics」はだれがつくるの!

(2013年11月29日(金) 19:32)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

ブログ記事 ページ先頭へ