サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ ガマンはキン(...

ガマンはキン(金) ヤッカミはキン(禁)

囲碁でもガマンは金、ヤッカミは禁
ではないでしょうか。

スランプがいつまでも続くと
それが、仕事でも、ゲームでも
「もともと俺(わたし)はダメな人間なんだ」という
深刻な自信喪失感を味わう。

さあたいへん!

しかし多くの場合それは、
自分の能力とか、性質とか
自分に備わっている属性のせいにしても
解決しない。

とういうのは、
スランプというのは、
それまで調子が良かったのに
急にガタンと今までの歯車が
回らなくなったわけです。
調子の良かった時も、悪くなった時も
同じ自分ですから、
ほかに原因を探したほうが、理にかなっている
ということになりそうです。


急にヘタになったわけでもないのに
いつの日からか負けがこみ始める。
そして碁敵が、あからさまに
「なあんだたいしたことないじゃないか」
という打ち方をしてくると、
もうガマンできない。


どうやら、スランプは、
レイセイな平常心を失った瞬間が
起点かもしれません。
ですからスランプは、
ガマンができなくなっている状態
と言えそうです。

であれば、
スランプは結果ではなく、
原因だと考えたほうが
自然かもしれません。

スランプになると
なんとかそれを打破しようと思って、
「虎穴」にはいって行くんですね。
虎児を取りに行くわけですけれども、
そこにあるのは往々にして、「墓穴」。


そんなことを繰り返しているうちに
ガマンこそがスランプ脱出の鍵、
と思い知らされるわけですね。
スランプの時は、この鍵をグッとしっかり握りしめて
プレイすることが大事ですけれども、
ほんとはむしろ、
日頃からスランプにならないように、
ガマンすることを覚えないといけないのでしょうね。
なかなかわれわれ凡人には難しいことですけれど。

具体的には囲碁ではだいたいだれと打っても、
相手の地が大きく見えるようになったら、
スランプの入口に来たと思うべきかもしれません。
ヤッカミですね。

実際、囲碁の上手い人をみていると、
大きな地になりそうな配石をして、
そこに相手を誘いこみます。

そこで、下手(したて)は
君子危うきに近寄らずと、
虎穴に入らずんば虎児を得ず、
のディレンマにはさまれ
そして結局はガマンの糸が切れてしまい、
虎穴に入っていくというシナリオの
犠牲者を演じる羽目になります。

こういうシナリオを
碁盤のうえに書いていく作業は
囲碁の醍醐味でもあるわけですけれども、
そこにまんまとはまっていく自分は、
なんともクヤシイ!

ともあれ、スランプは
ゲームに必要なのは技術だけではないということを
教えてくれる大事なチャンスだと考えましょう。

七転八起、
目標を達成していきましょう。


ガマンはキン(金) ヤッカミはキン(禁)

(2013年11月25日(月) 14:53)

前の記事

次の記事

新着記事

対局の一方が負けを宣言した時か、 あるいは対局の双方がこれ以上打ち進んでも 双方のジ(地)の増減が見込めないことを 宣言しあった時を終局とする。 韓国や中国の一部のプロの間では 盤上での計算はせず、 そのためダメ詰めも整地もせず、 一方が負けを宣言した時を終局としている。...

囲碁勉強の順番 囲碁用語には手順前後というのがあって、 手順(打つ順序)のあとさきを間違えると 殺せたはずの石が、殺せないというような ことがあります。 どんな勉強でも 勉強の順番が前後すると効率が落ちます。 算数は、 足し算、引き算、掛け算、割り算という順番に ...

オペラの前奏曲(Prelude)とか序曲(Overture) あるいは飛行機が離陸するまえの滑走(Taxing) あるいはドライバーでボールを打つ前の素振りや アドレスなどは、 本番が始まる前の助走、 あるいはウオーミングアップですが、 「本番」を暗示し、象徴する大変大事な部分...

「お金を払って習っているのに、いっこうに上手くならない。」 今は有段者になった人でも、 レッスンを受講し始めた頃に、 そんな不安を経験した人は少なくないかもしれません。 そんな不安を抱えながらのレッスンは、勧められません。 サイタの個人レッスンは、 レッスンの内容や進め...

Ptolemy slowly goes back to the throne, giving Cleopatra a wide berth, in evident fear of her hands. She takes his place beside Caesar.(Caesar and ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、囲碁レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ