全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ 囲碁でも戦術は...

囲碁でも戦術は、戦略を実現する技術にすぎません

囲碁でも戦術は、
戦略を実現する技術にすぎません。

当たり前のことですけれども
囲碁でもあなたは何をしたいか
どのように戦いたいか、
よく知った上で、
戦術(武器)を選ぶべきですね。

いい武器を持っていても、
いつ何に使うかをしっかり知っていないと、
逆にそれで身を滅ぼすことに、
なりかねない。

「定石」という言葉は
日ごろみんなが一般に使っている言葉ですが、
囲碁を習い始め
上達したいと思っている人は
早晩この定石の壁に突き当たります。

その理由のひとつは
おぼえるのに時間がかかるということもありますが、
どちらかというと問題は、
こちらがせっかくおぼえた定石どおりに打っても
相手の方は定石どおりに打って来てくれない、・・・

みんな経験することですね。

槍で戦う戦術をおぼえても、
相手が、槍をメチャメチャ振り回してきたり、
あるいは大勢でいろんな武器を持って
四方八方から攻めてきたら
どうします?
少なくとも覚えたての槍の戦術では、
まったく太刀打ちできない。

まあ、そんなことを経験しながら
囲碁を打っていくわけですけれども、
定石のほんとの壁は
もっともっと違った次元から、
ある日ニョコッと現れてきます。

それは、
「定石を覚えて二目弱くなり」という
オバケみたいな現実かもしれません。

定石を
せっかくおぼえても、つまり定石を覚えたために
今まで負けなかった相手に負けるようになる
という不思議なことが実際におこるからです。

勉強したぶん弱くなるという
なんとも納得できない結果をまえにして、
あなたの青い、しかし真剣な勉強の意欲は、
その日から萎えていくわけです。

そこで、多くのわれわれは
定石の勉強から遠ざかってしまう、
ギブアップですね。

そんなことを知った上で
われわれが定石のことでわきまえておくべきことは
次の二つのことではないかと、
思うのです。

ひとつは、
定石を知らなくても囲碁は打てるし、
十分それはそれで楽しいということです。
おぼえなくてもいいし、
途中で断念してもいいということですね。

もうひとつは、
定石を
「知っている」ことと
「使いこなせる」ということは、
まったく別物だというたいへん大事な認識です。

定石は使い方
つまり、
いつどんなときに使うかを知らないまま
つかっていると、
身を滅ぼす道具(知識)になるということを
先ほどの格言が戒めているわけですね。

逆に定石を使いこなせるようになるにつれ
囲碁のいままでとはまったくちがった面白さを、
味わえるようになる、
というこのゲームの奥の深さも
同時に知っておきたいことではないでしょうか。


それでは、
定石を使いこなすとは
どういうことをいっているのか。

囲碁が
世界に広く普及していくにつれ
定石は、
少しずつ毎日変化していっていますし、
今までの定石を百八十度否定する
ということも、実際行われています。
こういう変化がおこっている世界は、
将来性が約束されているといっても、
間違いないでしょう。

まあ、定石の研究はそんなわけでプロにとっても
永遠のテーマです。
「真理」の追求は囲碁の世界でも
その発展には欠かせないことですからね。

そんな定石ですけれども、
それはひらたくいえば「正しい打ち方」
を教える戦法だということでしょう。

しかし、問題はそれを誤用すると、
自滅を招くという側面があるということも
同時に、知っていなければならないということでしょう。

つまり
それは
あくまでも部分(局面)の戦術つまり、
勝つための技術・テクニックにすぎない
ということです。

定石は
碁盤全体の正しい打ち方を教えるものでは
ありません!
そんなものがあったら、誰でも飛びつきます。
それは
ほかのゲームや習い事と同じように
自分でこつこつ身につけていくしかない技術です。


知っていなければならない大事なことは、
定石は部分の戦術だということですから
碁盤全体の戦略にマッチしていないと
それはひとりで間違った方向にひとり歩きしてしまい、
あらぬ方向に行ってしまって、
自滅を自ら誘い、
今まで負けたことがない相手にも負けてしまうということが、
現実に起こります。

つまり
それは使い方を誤ると
部分では最適ではあっても
全体を最適にするものにはならない。
局所の最適は全体の最適にはならない
という合成の誤謬に用心する必要があるという、
ことを言っているわけです。

どんな薬も悪い薬はありません。
しかし、患者の病状をしっかり理解しないで
処方すると、それは毒薬になりますね。

気違いに刃物のたとえのように
使い方が間違うと、
それは惨事をひき起こします。
定石というのは
いわば、使い方しだいで
戦局を思わぬ方向に向わせるという、
「魔物」かもしれません。

いわゆる、
「生兵法怪我のもと」、で使い方を間違うと
思わぬ逆の結果を招くという性質を持っています。

街角の交通信号にたとえてみると、

信号という定石は、
交通から身を守る大事な約束事です。
囲碁の定石と同じように
信号は、車と車がぶつかり合う交差点に
設置されています。
しかし、
もしあなたが、信号だけを見て渡っても
100%の安全は保障されていないということが、
だいじな認識です。

つまり、信号だけではなく
車も見なければなりません。
怖いのは車であって信号ではないからです。

交通のながれの全体をみながら、
信号という部分に従うわけです。
信号が青だからといって、
交差点をわたり、
事故にあうというケースは、残念ながら
少なくありません。

碁盤にもたくさんの道路が走っていて
どこから石という車がくるかはわかりません。
定石はあくまで部分をあつかう石のながれですから
碁盤の全体のながれに副うのでなけば、
せっかくのその一局は、
落としてしまうことになってしまいます。

みなさんのご発展をお祈りしながら!


囲碁でも戦術は、戦略を実現する技術にすぎません

(2013年11月21日(木) 20:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・入間市・...

ブログ記事 ページ先頭へ