全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 カナタ囲碁スクール スクールブログ マナブはマネル...

マナブはマネル、されど太閤碁はマネても上達しない

囲碁には真似碁(まねご)という戦法があります。

これは
相手が右に打てば、自分も右に、
相手が上に打てば、自分も上に、
というふうに全く同じ交点に打つことです。

つまり、
相手の打った石から点対称の位置に
マネをしながら打っていく戦法の一つです。

あなたがシロなら、
クロの手を真似して打つし、
あなたがクロなら、
第一着(最初の一手)を
碁盤のひとつしかない中心点(天元)に打ち、
そのあとはシロの真似をして打つ、という戦法です。

タテヨコに引いた奇数の自乗倍数の線には、
どうしてもどちらか一方しか打てない交点が
ひとつだけできます。
これは囲碁語で、「天元」と呼んでいます。
ひとことでいえば、碁盤の中心点のことです。

負けず嫌いの太閤秀吉は、
相手より弱いくせにいつもシロを持ちたがり、
そのくせ真似碁しかできなかった。

あるときあろうことか、相手がこの天元に打ったとき、
平気でその上に自分のシロ石を重ねておいた
という逸話があります。

これに類した話はいくつもあるようですが、
いずれも、
サルはヒト真似がうまいとか、
負けず嫌いの性格とか、
暴君ぶりとか、
或いは
社会の古い制度を次々に改革し
新しいルールを果敢に制定していった秀吉は、
囲碁のルールさえ変えようとした、というお話を
揶揄っていったのか、
いまではわかりませんが、
ルールを破ってでも勝ちたいという気持ちになるのは、
勝負士根性の裏側に潜んでいる魔性ですので、
秀吉ではないわれわれは、これは要注意ですね。

因みに、石がいつの間にか天元に来たほうは
その碁には負けないというジンクスがありますが、
これも秀吉の「天元真似碁」に由来しているのでしょうか。

マナブはマネル、されど太閤碁はマネても上達しない

(2013年10月23日(水) 13:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アムステルダムで囲碁クラブを設立。世界各国で虜にした囲碁の魅力を貴方に

カナタ囲碁スクール
金田つぐひこ (囲碁)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・川越・椎名町・江古田・練馬・大泉学園・ひばりヶ丘・秋津・...

ブログ記事 ページ先頭へ