サイタ趣味の習い事囲碁教室東京 囲碁打ちましょう♪楽囲碁スクール スクールブログ 囲碁格言 か...

囲碁格言 かなめ石は捨てるべからず。

初心者の方はもしかすると、どこが問題なのか解りづらいかもしれませんが…

真ん中あたりの一子アタリでどうするか?
という問題です。

答えはこのアタリの石は取られてはいけません。

じゃあ、左の4子が取られちゃうじゃないか、と思いますよね。
ですが、左の白の大石がかなりキビシイ状況になっていることに
気がつきましたか?
この場合、アタリになっている石は『要石』で、重要な石なのです。

左側の白の一団が、活きているならこの石は言ってしまえばそんなに
大きな石ではないのですがこの図で言えば大切な『要石』なのです。

囲碁格言  かなめ石は捨てるべからず。囲碁格言  かなめ石は捨てるべからず。

(2013年4月16日(火) 20:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

囲碁三段!初心者クラス指導のベテラン。うさぎと暮らす温和な先生

新着記事

ボクは初心者のみなさんに『まずは10級を目指しましょう!』と お話ししています。 そのくらいになれば、胸張って囲碁が打てる!といって差し支えない 腕前だと言えるからです。 でも、10級って言われてもどんなもんだか分からない! というのが正直なところでしょう。 プロは九段がい...

あき三角は愚形の見本、とも言います。 基本的に囲碁は効率の良い手を追求してゆきます。 中にはちょっとムダだったり、後戻りのような手も 必要ですが、今回は省きます。 あき三角、というのは左の図です。 右の、白石沿いに曲がっているような 手はあき三角とは言いません。 この...

初心者の方はもしかすると、どこが問題なのか解りづらいかもしれませんが… 真ん中あたりの一子アタリでどうするか? という問題です。 答えはこのアタリの石は取られてはいけません。 じゃあ、左の4子が取られちゃうじゃないか、と思いますよね。 ですが、左の白の大石がかなりキビシイ...

ようやく、春っぽくなってきましたね〜♪ 囲碁を打つのにいい季節になってきました。 最近は前に紹介した『桜新町囲碁クラブ』にお邪魔して席亭に揉んでいただいて います。 さすが、席亭はお若いけれどツワモノです。 今回から囲碁で言われる『格言』をブログに書きたいと思います。 ...

最近、子どもたちに囲碁を教える機会が増えました。 大学などで講義として教えられるようになったのが きっかけなのでしょうか。 子供たちは飲み込みが早い上に興味を持てばすぐに 覚えてしまいます。 この辺は大人ではマネができません。 その中で感じるのは『攻略法はないの?』 と...

ブログ記事 ページ先頭へ