全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 スクールブログ 楽に探す

楽に探す

皆さんこんにちわ!

ナガァ布石講座へようこそ。

今回は「対局相手」がテーマです。


皆さんは普段どこで囲碁を打っていますか?

初心者の方はこれからどこで囲碁を打とうと思っていますか?

上達に欠かせないなのは普段の対局です。

そして同じくらいの棋力か、できれば少しだけ強い人と対局するのが上達の秘訣です。

では主にどういったところで碁を打つのでしょうか?

1.碁会所

2.公民館

3.ネット

4.囲碁教室


ちなみに僕の場合は、周りに打てる人がいなかったので

囲碁のゲームでCPUと対局して、その後公民館でおじいちゃんたちと打っていました。

公民館に行ったのは始めて1ヶ月くらいです。

週一でおじいちゃんたちと打って、あとは本で勉強したりしていました。

碁会所に通い始めたのは囲碁を始めて3年くらい経ってからです。

始めのうちはなかなか同じくらいの棋力の人を見つけるのは困難でしたね。


ではどうすればいいのでしょうか?

楽しく打つには生碁が一番ですが

同じくらいの棋力の人を見つけるにはネットが最適でしょう。

ネットであれば24時間いつでもできますし、すぐ相手も見つかります。

顔が見えないのが難点ですが(笑)

正直、碁会所や公民館で打つにはある程度打てるようになってからがいいと思います。

それでも生碁が打ちたければ、碁会所ですね。

公民館はやってるところが限られていますし、教室も対局よりも教えることがメインなので。

碁会所の棋力はだいたい3級~2段あたりが一番多いと思います。

それより弱い人も強い人ももちろんいますが。

ちなみにあまり石を多く置くことは好まれません。

石を置けば置くほど囲碁の自由さが無くなっていくからです。

そして強い人は弱い人と打ちたがらない傾向にあります。

みんな同じくらいの人と打ちたいですから。

先ほど上達のためには少し強い人と打つことが大切だといいましたが、

逆に言えば弱い人と打つメリットはあまりないということも言えます。


では碁会所で強い人に打ってもらうにはどうすればいいのでしょうか?

それは「教えを請う」という姿勢です。

相手も楽しみで来ているので、できれば同じくらいの人と打ちたいと思っています。

しかしあなたが「一局教えてください」と言って対局すれば悪い気はしません。

次も必ず打ってくれるでしょう。

ボロボロに負けるのは覚悟しておいたほうがいいかもしれませんが(苦笑)


いかがだったでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです(笑)

自分にあった相手を見つけることは、囲碁の楽しみの一つでもあります。

上達していくにつれて、同じくらいの相手も増えていってますます囲碁が楽しくなることでしょう!

良い対局相手が見つかることを祈ってます。

ではまた次回もお楽しみに。

 

(2010年3月13日(土) 12:17)

前の記事

この記事を書いたコーチ

宝酒造杯4段戦優勝!ネットや公民館にはない、丁寧な説明と生対局

ブログ記事 ページ先頭へ