全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室神奈川 ナガァ布石講座 スクールブログ 楽に喩える

楽に喩える

皆さんこんにちわ!

ナガァ布石講座へようこそ。

今回は「比喩」がテーマです。


皆さんは囲碁をうまく説明できますか?

「白黒の・・・」「陣取りゲーム」など

囲碁は知らない人に説明するのが意外と困難です。

人にうまく言えないということは・・・

自分でも囲碁をどういうものか分かってないかも知れません。

そこで囲碁を分かりやすく理解するために、囲碁を何かに例えてみましょう!

以下一例

1.人生

2.戦争

3.経営

4.絵画、ボクシング

今度はなんとなく説明できそうな気がしませんか?(笑)

「囲碁はお互いの領土を広げたり、奪ったりするゲームなんだ。

相手の石を捕虜にすれば、そこは自分の陣地にすることができる。

要は戦争と一緒だよ。」

な~んて説明できたらカッコイイですよね(笑)

他にも

「囲碁は経営と似ているよ。

より多くの利益を上げるために、相手に圧力をかけながら自分の陣地を広げていくんだ。

2手3手先を読んで、どうすれば自分に有利な展開にできるか考えるゲームなんだよ。」

っていうのもよさそうですね(笑)

人に説明できるようになれば、自分自身も囲碁をより理解することができるでしょう。

そうなれば今よりもっと囲碁が楽しくなるはずです!

ちなみに絵画は自由に打てる布石に、ボクシングは激しく戦う中盤に例えることができます。

皆さんも囲碁を何かに例えてみてください。

きっと今までに無かった視点で囲碁を楽しむことができることでしょう!(笑)

ではまた次回もお楽しみに。

 

(2010年3月13日(土) 10:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宝酒造杯4段戦優勝!ネットや公民館にはない、丁寧な説明と生対局

ブログ記事 ページ先頭へ