全国5万人が受講している「サイタ」

囲碁教室・囲碁講座

囲碁教室・囲碁講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事囲碁教室東京 囲碁教室(笑いの大学) スクールブログ 日本棋院にいっ...

日本棋院にいってきましたぁ~。

市ヶ谷にある日本棋院に行ってきました。
2階にフリー対局ができるスペースがあり、mixiのコミュニティ「都内近郊囲碁好きの会」でオフ会があり参加したのでした。

が!!!
早速やってしまいました。
うっかりミス。日付が一週間ずれています><
当然、それらしき人はおらず、さらに席料1000円にビビってしまい、観戦しながらうろうろしていました。

日曜日ということもあり、いろんな大会やサークルなどのイベントが催されていました。
その中のちびっこ囲碁大会にふらりとお邪魔させてもらい、
対局が終わってそうな子供(小学3年生)に声をかけ、ストリート碁を打ってもらいましたw

はじめて触るチェスクロック(持ち時間をはかるタイマー)にとまどいながら、わたしの白番で始まります。
序盤で攻めあいにひとつ勝利し、形勢有利に進めます。
が、相変わらずチェスクロックにとまどいながら打っていると、なんとこの小学3年生、揺さぶりをかけてくるのです。
超早碁に切り替え、バシバシとチェスクロックを叩きます。
早碁は大歓迎なんですが、チェスクロックを叩き忘れるミスをちょいちょいやらかしてしまい、
自分の持ち時間で相手が考えているという状況が1分くらいありました><
小学生と思って油断してはいけない!きっちり仕留めなくては!
と、集中しなおしたものの、最後までチェスクロックに慣れることが出来ず、
完勝とはいかないまでも、白番で盤面10目の勝ちを拾いました。
精神的には負けていたような気もしますが…orz

だんだん分かってきたことなんですが、この小学生はヒカルの碁にどっぷりハマっていました。
今の1手は「第○巻の○○ページ」に載ってます。ヒカルが早碁を打ったのは「第○巻の○○ページ」に載ってます。
なんてことをちょいちょい教えてくれるのです。
わたしも読んだことがあるので、記憶を紐解きながら・・・この時点でペース狂わされているんですね。
なかなかの小学生でした。

これ以来、彼が3段ということだったので、白番で10目勝った私は4段ということにしています^^@


 

(2009年12月3日(木) 22:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サラリーマン先生の笑いをモットーにしたレッスン。右脳を使って成長!

ブログ記事 ページ先頭へ