サイタ音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り神奈川 カヲルのシンガーソングライターレッスン スクールブログ 歌の伴奏に合う...

歌の伴奏に合うギターって...

ギターと一口に云っても、なかなかに沢山の幅と種類が有りますよね。

アコースティックギター、エレクトリックギターといった

機能上の大きな違いによる種別から、

有名無名のブランドからルシアーと呼ばれる個人製作家の作ったものまで

楽器の製造元の規模やキャラクターや制作過程による違い、

また同じ製造元でも所謂価格帯によって異なる木材やパーツなど原材料の違い、

そしてそうやって生まれた楽器達がそれぞれ

どれだけの年月を経てきたのかという、歴史と時間の違い。

ですから楽器を選ぶという事は、その全ての交差点の中から

ご自分に一番合う一本をピックアップする、ということなのです。

一般的には、勿論有名なブランドの名のあるギターが間違いない、と云われています。

でも実のところ、実際はそれ程単純じゃあないんです。

1970年代位までならいざ知らず、良い木材も少なくなり

また職人の流出や移動が進んだ現在は、

正直云って有名メーカーの楽器でも首を傾げるものが多々有ります。

また逆に、無名のメーカーのリーズナブルな価格帯のものでも

それなり以上の音質と弾きやすさを持ったものも、まま見かけます。

それどころか、オークション等で安く取引されている

製造されてからかなり年月の経過した、出自のよくわからない楽器の中にさえ

吃驚するような美しい音を出すものがあったりするんです。



では一体、どんな楽器を選んだら良いのでしょうか。

そのポイントは、ズバリ3つ。

先ずは、ご自分のお財布の中身と相談された上での、かけられる価格の上限。

次に、ご自分の声と、身体と、やりたい音楽に合ったサイズ感。

そして最後は、ご自分が「これ、かっこいいなあ」「素敵だなあ」

と思える、長く好きになれる様な楽器の個性。

これらのチェック項目をクリア出来ていれば、その楽器があなたにとって

間違いなく、少なくとも現時点でのベストな一本なんです。

値の張るものだろうと、安いものだろうと

マー○ンだろうと、ギブ○ンだろうと、Kヤ○リだとうと

はたまたなんだかよく判らないブランドのものだろうと、そんな事は関係ありません。

また、弾き語りなら絶対にこれ、みたいな楽器だってないんです。

楽器は、道具です。

歌を、音楽を奏でるのは、楽器ではなくってご自身。

ぜひ、じっくり時間を掛けて

皆さんにとっての素晴らしいギターを、見つけてくださいね!

 

(2018年2月21日(水) 16:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

数々のアーティスト指導経験!プロ志望も必見の弾き語りの極意教えます

カヲルのシンガーソングライターレッスン
秋元カヲル (ギター弾き語り)

品川・川崎・横浜・戸塚・大船・藤沢・辻堂・渋谷・鶴見・桜木町・関内・石川町・港南台・...

ブログ記事 ページ先頭へ